コラム (ともやのイチオシ) RSS

コラム -

【アンプの歪みが最高!!足元のエフェクターでアンプのチャンネルを増やそう!】 アンプの歪みが最高!? 第1回でオーバードライブを比べたくせに!? いや、比べたから!? いや、コンパクトエフェクターの歪みは別物か!? なんだかんだで、アンプの歪みが最高だったりする私なので、その昔、都内のライブハウスに出演する時は当然ギターアンプ持参で行ったりしてました。 が、 ギターアンプは 重いし、 楽屋が狭くなるし、 転換大変だし、 アンプ運ぶ車の駐車場高いし、 リハに遅刻するし【←関係ない】 と、 いろいろ問題がありました。 しかし、当時ライブハウスのアンプなどはそれなりの音量を出すと軽く歪むハスキーボイスのイギリスギャル(マーシャル)🇬🇧か、バンドマンに影響を受けて、純粋娘からすっかり不良娘にされた日本のヤンキーJC🇯🇵しかいないのです。 でもヤンキーJC🇯🇵はどこ行っても必ずいるので、かなり仲良くなる努力をしました。 その甲斐があって性格を理解し共感する事でJC🇯🇵とはその後、良い感じの関係になりましたが、今日はハスキーボイス-イギリスギャル(マーシャル)🇬🇧のお話なので、日本のヤンキーJC🇯🇵の話はまた後日。 マーシャル系の場合 ソロかハイゲインにしたい場合はマーシャルの歪みに、ブースター、オーバードライブ、ディストーションをプラスするのだけど、相性が悪いと出音は薄い紙のようなペラッペラのファズっぽい音になっちゃったりします。 その後、今ではスタンダードになった3チャンネルのマーシャル系が登場するのだけど、ライブハウスにはフットスイッチが無いとか、壊れてるとかで、結局どれか1チャンネルを選択する事になってたりしてる場合がほとんどだと思います。 というわけで、 で、私の場合マーシャル系は良い感じの音量にすると必ず歪むし、アンプの歪み方も好きなので、アンプは思い切ってフルゲインで、エフェクターで出力を下げて歪みをコントロールすることにしました。 NO LOOP Gain down Channel セット 【ギター】 → 【VITALIZER BF /PROVIDENCE】→【Signal Pad/ELECTRO-HARMONIX】→ 【Sansamp GT2/TECH21】or 【Colour  box/JHS】 まず、 1.VITALIZER BF のみON【というか、OFFに出来ない。】状態で使用するアンプで最高の歪みを作ります。 2.Sansamp GTをブースト【ハイゲインch】/カット【クランチch】どちらか使用目的に合わせて調整します。 3.Sansamp GTをブーストした場合はOFF/カットした場合はONの状態でSignal Padをクリーンになるように調整します。 すると、アンプの歪みを、最大限に生かした3channel が完成です。 VITALIZER BF で音の芯を強くしておくのが、コツな気がします。 (^^)

もっと見る

overdrive -

【カッティングに映える!オーバードライブ】PEDALDIGコレクション シングルコイルでジャキジャキ系のR&Rサウンド最高!トーンに敏感なギタリストの方は特に大注目のコーナーです。pedaldigの12種集めてみました。特にオーバードライブでの音作り気になってる方、さぁ、聞いてみよう。 流しっぱなしにして気になる音の時STOP!!&チェック!!こちらからどうぞ↓↓ ギターと録音機材の詳細 使用ギター: bossa改ピックアップ構成: S-Hフロント :Pedaldig modified P-90Type Pickup リア:Pedaldig modified Humbucker pickup【今回はフロントとリアのハーフトーンで弾いてます。】【各エフェクターのつまみは12時+12時です】Daw :Avid-Protools 12Audio interface :Motu-ultra lite (FireWire) 使用エフェクター一覧 機種名 、メーカー SOUL FOOD /Electro Harmonix  OD Glove /Electro Harmonix  East River Overdrive /Electro Harmonix  Morning Glory /JHS The Kilt /JHS CLHD /Leqtique  Golden Acorn Drive /One Control  Liquid Sunshine /Subdecay  Dual Fusion /Wampler Pinnacle /Wampler  Tweed '57 /Wampler JCM Drive 2 /Weehbo Effekte 

もっと見る

コラム -

スタート!ペダルディグ! ついにエフェクターをレンタルする時代がやって来ました。 私がお金がないバンドマンだった若いころにあればすごく嬉しかったであろうエフェクターレンタル。 何故なら、10年ほど前もそうでしたが、今でもエフェクターをしっかり試すには「購入」ですよね。 購入したものが、使ってるうちにちょっと違う...ってなったら、どうします?私みたいにそれを売って次の物をまた買って、を繰り返していませんか。  今はYoutubeのクオリティも上がったため前よりは数段良くなりましたが、結局ネットのプレイヤーが弾いているのを聴いた音と、自分のギター&アンプからなる音は別物。また楽器屋さんでの試奏は実践環境とは違うから、「このエフェクターの音、バンドの中でどうなる?埋もれる?」など想像しながら選ぶことになります。つまり、予測でエフェクターを選んでいる以上、失敗する確率は高いままなのです。  だから、エフェクターこそレンタル。レンタルだからバンドリハ、ライブで好きなだけ試しながら使える!のです。  さらに、試奏をする為に遠方の楽器屋さんまで行っている人にとって、交通費は、実はかなりの負担です。 最悪のケースは、試奏に行くのを1回で済まそうとじっくり試さないで買ってしまったりして、また失敗すること。だからこそ、ペダルディグメンバー(DIG 2 you & 4 you)は毎月1回いつでも交換可能&送料無料!となりました。  高いエフェクターになればなるほど客観的な評判重視の購買はリスキーであり、その分レンタルのセーフティゾーンが広くなるのです。 つまり、実際気になっているエフェクターをレンタルして根掘り葉掘りすることが、自分のサウンドを本当の意味で深掘りできることに繋がるのです。  これは私自身がPEDALDIGとしてレビューを書くにあたり、「同じ種類で似た者同士のエフェクター」を8台ほど並べて試奏した時に感じたことでもあります。 オススメのレンタル方法 私のPEDALDIGのおすすめ利用方法の一つとして、下記のセットのように、「先に同カテゴリのエフェクターを数台レンタルして、自分にあったエフェクターをチョイスする」方法です。 例えばこんな感じで選んで見るといいかもしれません。    利きカッティングオーバードライブセットA SOUL FOOD /Electro-Harmonix CHLD/ Leqtique  TWEED '57 /Wampler  OD GLOVE / Electro-Harmonix PINNACLE / Wampler           DUAL FUSION /Wampler  利きカッティングオーバードライブセットB LIQUID SUNSHINE /Subdecay  GOLDEN ACORN DRIVE /One Control  MORNING GLORY /JHS  THE KILT /JHS JCM drive  /Weehbo Effekte EAST RIVER DRIVE /Electro-Harmonix 少しずつではありますが、記事書いて行きます。 では、また!(^^)

もっと見る