8/1 スタート!ペダルディグ!

コラム -

8/1 スタート!ペダルディグ!

スタート!ペダルディグ!

ついにエフェクターをレンタルする時代がやって来ました。 私がお金がないバンドマンだった若いころにあればすごく嬉しかったであろうエフェクターレンタル。

何故なら、10年ほど前もそうでしたが、今でもエフェクターをしっかり試すには「購入」ですよね。 購入したものが、使ってるうちにちょっと違う...ってなったら、どうします?私みたいにそれを売って次の物をまた買って、を繰り返していませんか。 
今はYoutubeのクオリティも上がったため前よりは数段良くなりましたが、結局ネットのプレイヤーが弾いているのを聴いた音と、自分のギター&アンプからなる音は別物。また楽器屋さんでの試奏は実践環境とは違うから、「このエフェクターの音、バンドの中でどうなる?埋もれる?」など想像しながら選ぶことになります。つまり、予測でエフェクターを選んでいる以上、失敗する確率は高いままなのです。 
だから、エフェクターこそレンタル。レンタルだからバンドリハ、ライブで好きなだけ試しながら使える!のです。 
さらに、試奏をする為に遠方の楽器屋さんまで行っている人にとって、交通費は、実はかなりの負担です。 最悪のケースは、試奏に行くのを1回で済まそうとじっくり試さないで買ってしまったりして、また失敗すること。だからこそ、ペダルディグメンバー(DIG 2 you & 4 you)は毎月1回いつでも交換可能&送料無料!となりました。 
高いエフェクターになればなるほど客観的な評判重視の購買はリスキーであり、その分レンタルのセーフティゾーンが広くなるのです。
つまり、実際気になっているエフェクターをレンタルして根掘り葉掘りすることが、自分のサウンドを本当の意味で深掘りできることに繋がるのです。 
これは私自身がPEDALDIGとしてレビューを書くにあたり、「同じ種類で似た者同士のエフェクター」を8台ほど並べて試奏した時に感じたことでもあります。
オススメのレンタル方法 私のPEDALDIGのおすすめ利用方法の一つとして、下記のセットのように、「先に同カテゴリのエフェクターを数台レンタルして、自分にあったエフェクターをチョイスする」方法です。 例えばこんな感じで選んで見るといいかもしれません。 
 
利きカッティングオーバードライブセットA
  • SOUL FOOD /Electro-Harmonix
  • CHLD/ Leqtique 
  • TWEED '57 /Wampler 
  • OD GLOVE / Electro-Harmonix
  • PINNACLE / Wampler          
  • DUAL FUSION /Wampler 

利きカッティングオーバードライブセットB
  • LIQUID SUNSHINE /Subdecay 
  • GOLDEN ACORN DRIVE /One Control 
  • MORNING GLORY /JHS 
  • THE KILT /JHS
  • JCM drive  /Weehbo Effekte
  • EAST RIVER DRIVE /Electro-Harmonix

少しずつではありますが、記事書いて行きます。 では、また!(^^)

コメントする