ALL

46のうち1-40 を表示中
EarthQuaker Devices
translation missing: ja.products.product.regular_price ¥20,000
電源 9Vアダプター 付属品 なし "Hoof"はゲルマニウム / シリコンのハイブリッド・ファズ。EarthQuaker Devicesのフラッグシップモデルであり、小さなヴェニューからニューヨーク・Madison Square Gardenまで多くのギタリストの足元で見られるエフェクターです。サーキットはGreen Russian Muffスタイル。高価なヴィンテージ・ユニットにはない、「トーン」と「Fuzzの持つ"アツさ"」が保たれるハイブリッド設計です。ゲインのレンジは広く、アンプライクなオーバードライブから狂気のファズサウンドまで出すことができます。コントロール Fuzz...歪みの量を調整 Tone...0/Bass、FULL/Treble Level...アウトプットレベル Shift...左→Mid cut(Modern)/右→Mid scooped(Classic) 仕様 オールアナログ トゥルーバイパス 標準的な9VDCパワーサプライで駆動。(電池はお使いになれません。)
Catalinbread
translation missing: ja.products.product.regular_price ¥25,000
電源 9-18Vアダプター, 9V電池 付属品 なし BIG MUFF。地球上でおそらく最も人気があり、最も多くコピーされてきたペダルの1つでしょう。EHXによってオリジナル版はずっと製作されているものの、MUFFの長い歴史は他の多くのペダルメーカーと共有されてきました。CatalinbreadがManx Loaghtan fuzzを作成し始めたとき、彼らの目標は「MUFFの進化」でした。多くのFUZZペダルの一般的な操作ポイントの一つは「トーンコントロール」です。Catalinbreadはしかし、このトーンが窮屈だと感じました。FUZZサウンドで演奏中、ブーミーすぎず、レンジが確保され、太いと思えるスポットを探すと思います。それはFUZZペダルがハーモニーを見つける場所です。Catalinbreadはそのスウィートスポットが明るすぎず、重すぎない音という、ある意味妥協ポイントでなく、ミッドレンジの広い「ヘヴィ」なハーモニーとなることを目指しました。したがって、従来のトーンコントロールを排除し、"Baxandall"(NF型のトーン・コントロール回路。1個のOPアンプで低音(BASS)と高音(TREBLE)の両方のコントロールできることで、迫力のサウンドメイクが可能)を組み込みました。 2.34" x 4.39" pedal Specially Selected Components True Bypass Switching Battery operation or 9v-18v DC 4 mA draw
Black Arts Toneworks
translation missing: ja.products.product.regular_price ¥26,000
電源 9Vアダプター 付属品 9Vアダプター 同BAT社のFUZZペダル"Pharaoh"の「厄介な方の兄弟」こと本機"LSTR"は、ファラオと反対のFUZZサウンド。 LSTRは、強烈でユニークなトーンコントロールを持ち、BATのローエンド、BATが考える美しさを詰めたペダルです。伝統的なビッグマフのトーンからファラオが持つワイドなトーンまで。 *LSTRとは:子供に喫煙、ゲーム、ビールを飲むことを教えること! このペダルは標準の9VDC電源で動作します。 バッテリ接続不可。
Wren and Cuff
translation missing: ja.products.product.regular_price ¥25,000
電源 9Vアダプター, 9V電池 付属品 なし 主な特徴 Tri Pie '70は1970年の”トライアングル・ マフ”をテーマに製作されたWren and Cuff版マフ。現行品のビッグ・マフと比較して、"トライアングル・マフ"はそこまで抜ける音というわけではなく、ややミドルも抑えられ、しかしより荒ぶったサウンドで音楽的に「甘くスムース」なサウンドでした。ギターボリュームへの追従性もよりよく、オーバードライブ風なサウンドにも使えるなどのレンジの広い使い方もできました。そんなスィート・ミックスを求めて、探し求めたトランジスタによりそのキャラクターを作りあげたものがこのTri Pie '70なのです。もし現行品のビッグ・マフが好きだけど「ちょっと耳障り」「何か物足りない」と感じるようだったらTri Pie '70がベストアンサーです。
Wren and Cuff
translation missing: ja.products.product.regular_price ¥25,000
電源 9Vアダプター, 9V電池 付属品 なし 主な特徴 Tall Font Russianは忠実に再現されたロシアン・マフ。マフ職人のWren and Cuff、日々聞くマフサウンドに耳もマフの「ニュアンスや複雑さをはっきり聞き分ける」カスタマイズ化されていきました。そんな職人たちの耳、また成功しているミュージシャンからのフィードバックも得ながら、細部までこだわって作られたものがこのグリーンマフです。ハイがより抜けやすいペダルです。
Wren and Cuff
translation missing: ja.products.product.regular_price ¥46,000
電源 9Vアダプター, 9V電池 付属品 なし 主な特徴 Capridは"Ram's Head"回路をもとにリクリエイトされた”凶悪なディストーション・モンスター”!外観もさることながら、そのサステイン、倍音も忠実にそのMuffを再現したものであり、オリジナル"Ram's Head"を探している方は間違いなく欲しくなる1台。
Wren and Cuff
translation missing: ja.products.product.regular_price ¥30,000
電源 9Vアダプター, 9V電池 付属品 なし 主な特徴 Box of Warはロシアンマフ元に忠実に再現されたファズペダル!Wren and Cuffのロシアンマフといえば"Tall Font Russian"もありますが、こちらは念願叶ってオリジナルメタル・ボックス(よく見るアルミボックスじゃなく、ずっしり重い!)に包まれたモンスターです。特に"Civil War"を真剣に再構築の上作られたのがBox of Warであり、オリジナルビンテージ回路を全面において完コピしました。パーツも安心のクオリティだから、どこにツアーに出かけてもメインで活躍できるでしょう。
Way Huge
translation missing: ja.products.product.regular_price ¥25,000
電源 9Vアダプター, 9V電池 付属品 なし 主な特徴 Swollen Pickle MKIIはスーパーハイゲイン・ファズ。ローエンドはものすごく膨よかで、コントロールでサウンドを引っ張り上げればうっとりするでしょう。
vick audio
translation missing: ja.products.product.regular_price ¥18,000
電源 9Vアダプター 付属品 なし 主な特徴 V1 Triangleはサステイン豊かなファズペダルです。オリジナルの初期Triangleにはミドルがあまりにも持ち上げられすぎるという欠点がありましたが、Vick Audioはそのミドルの表情を変えられる"3 wayトグルスイッチ"を付けて選べるスタイル。Triangleは後期マフと比べて全体のサウンドで埋もれにくいサステイン、明るさがありました。この"V1 Triangle "はそのようなリードに向くはっきりした音、またリズムでも活きるクランチトーンを作ります。
vick audio
translation missing: ja.products.product.regular_price ¥18,000
電源 9Vアダプター 付属品 なし 主な特徴 "Black Russian "はアメリカン・マフよりもスムーズな音で知られるロシアン・マフをテーマに作られたペダルです。ローエンドが強く、ギタリストだけでなくベーシストにも適したファズサウンド。ミドルを切り替えるスイッチはフラット、ブースト、スクープト(オリジナル)から選択できます。
vick audio
translation missing: ja.products.product.regular_price ¥18,000
電源 9Vアダプター 付属品 なし 主な特徴 73年"Ram's Head"は"V1 Triangle"よりもスムースで、しかし"Black Russian"より強い歪みがあることで知られています。そしてRam's Headのサステインが、他の2機種を離すほど素晴らしいものでした。こちらVick Audioの"73 Ram's Head"は、そのオリジナルRam's Headのようにバイオリンのように甘く響くサステインが得られます。ジミヘンもElectric Ladyサウンドとして信頼を置いた滑らかで甘いサステインのペダルなのです。
VFE Pedals
translation missing: ja.products.product.regular_price ¥22,000
電源 9V-18Vアダプター, 9V電池 付属品 なし 主な特徴 Fiery Red Horseは歪みのレベルを調整できる多目的なファズ/ディストーションサウンド。POWERノブをいじることで、電池が減ったときのような強烈サウンドも作れます。3wayコントロールは、 A:ゲルマニウム・ダイオードを各ステージに使用した非対称形クリッピング。 L:3mm 赤色LEDの対称形クリッピング。 S:1N914シリコン・ダイオードの対称形クリッピング。 となっています。
TORTUGA EFFECTS
translation missing: ja.products.product.regular_price ¥30,000
電源 9Vアダプター, 9V電池 付属品 なし 主な特徴 YETI(イエティ)はマッシブで力強いファズでありながらディストーションの側面を持ち合わせています。TORTUGAではこれを"Fuzz-stortion"(ファズ・ストーション)と呼びます。分厚いサウンドメイクができます。
TopTone
translation missing: ja.products.product.regular_price ¥48,000
電源 9Vアダプター, 9V電池 付属品 なし 主な特徴 DG-1はTop Toneの最初のエフェクターであり、70年代のビッグマフ、およびデイヴィッド・ギルモアのためにピート・コーニッシュがモディファイしたビッグマフなどの要素をベースに完成しました。豊かな倍音とピッキングニュアンスに追従するプロフェッショナルなダート・ボックスです。トゥルーバイパス仕様の堅牢なアルミボディです。
TBCFX
translation missing: ja.products.product.regular_price ¥32,000
電源 9Vアダプター, 9V電池 付属品 なし 主な特徴 TBCFX風にアレンジを加えたラムズヘッドベースでの使用もカバーするコントロールの良いペダルです。
stomp under foot
translation missing: ja.products.product.regular_price ¥25,000
電源 9Vアダプター 付属品 なし 主な特徴 Violet Menaceは"Ram's Head"のVioletバージョンをベースに作られたファズ・ペダルです。オリジナルRam's Headのパンチーなコードトーン、滑らかで歌うようなリードトーンを保つため、回路をモディファイしています。またライブでの使用にも適する、Mid調整が可能です。
stomp under foot
translation missing: ja.products.product.regular_price ¥25,000
電源 9Vアダプター 付属品 なし 主な特徴 Red MenaceはSUF社最初のモディファイペダル。ロシア製時代のマフが持つジャリっとうなる音、またTriangleマフの持つファジーゲインを合わせました。MidコントロールとToneコントロールによってサウンドメイクの選択肢が増えています。
stomp under foot
translation missing: ja.products.product.regular_price ¥25,000
電源 9Vアダプター 付属品 なし 主な特徴 Civil Unrestはオリジナルロシアン・マフの"KT3102"トランジスタを使用したSUF社製マフです。 独立したMidコントロールを追加することで、ライブでも音抜けできる設定ができるようになります。オリジナルの"Civil War"のトーンにするには9時ごろにMidを合わせます。またToneコントロールも備わっているので、実に多様なサウンドバランスが設定できます。
Soul Power Instruments
translation missing: ja.products.product.regular_price ¥25,000
電源 9Vアダプター, 9V電池 付属品 なし 主な特徴 ラムズヘッド期の回路をもとに、高品質なパーツで組み込んだファズペダルです。 ミドルコントロールが追加され、EQの調整が可能です。
September Sound
translation missing: ja.products.product.regular_price ¥70,000
電源 9Vアダプター, 9V電池 付属品 なし 主な特徴 September Sound FUZZはマフ系のファズペダル。3つのコントロールは基本的な配列ですがセッティングの幅が他のマフ系にはないほど広く、 ペダル頭部スイッチ"Mad"モード搭載でボリューム爆裂UP ギターボリュームの調整で歪みをクリーン近くまで落とせる など特徴があります。 元Blanket Jet City, 現SHERBETSのベンジーも使っているとのことで、魅力的な1台です!
Mojo Hand Fx
translation missing: ja.products.product.regular_price ¥32,000
電源 9Vアダプター, 9V電池 付属品 なし 主な特徴 Colossus Fuzzはロシアン・マフをベースに製作されたファズペダル。Midsコントロール付きでライブにも適するサウンドメイクが可能です。3WayスイッチでEQ調整も可能。
McCaffrey Audio
translation missing: ja.products.product.regular_price ¥22,000
電源 9Vアダプター 付属品 なし 主な特徴 "Green Vodka Muff"(グリーン・ウォッカ・マフ)は90年初期のロシアン・グリーンマフと構造の近いペダル。スムースなロシアン・マフに、McCaffrey Audioオリジナルを含むモディファイがされています。
Mahoney
translation missing: ja.products.product.regular_price ¥22,000
電源 9Vアダプター, 9V電池 付属品 なし 主な特徴 Mahoney CREATORはトライアングルマフを再現したファズペダルです。オリジナルと比較し"MIDS"コントロールが付いていることで、より太く存在感のあるサウンドメイクもできます。
Lovepedal
translation missing: ja.products.product.regular_price ¥26,000
電源 9Vアダプター, 9V電池 付属品 なし 主な特徴 RedHeadはその色合いが示すよう、深みのあるディストーションサウンドであり、またあたり一面を燃やし尽くすようなフィードバックを得られるペダルです。ミドルコントロールも独立しているため、埋もれにくいサウンドメイクもできる"LovePedal系マフ”となっています。
Katanasound
translation missing: ja.products.product.regular_price ¥25,000
電源 9Vアダプター, 9V電池 付属品 なし 主な特徴 Katanasound 雷雲-THUNDERCLOUD-は以前修理した"70年初期マフ”の、トランジスターが壊れながらも持っていた素晴らしいトーンをもとにフルオリジナルとして製作されたペダル。オリジナルよりオーバードライブ寄り、ミドルレンジが豊富で、ディストーションを抑えよりサステインが伸びるよう設計されています。
JAM Pedals
translation missing: ja.products.product.regular_price ¥27,000
電源 9Vアダプター, 9V電池 付属品 なし 主な特徴 Red Muckは'71"Triangle"、その後期モデル"Red Army/Civil War"のロシアンマフを意識して作られ、ピンク・フロイドのデイヴィッド・ギルモアのフィーリングにとても近いファズペダル。ベースでも相性の良い1台です。トゥルーバイパス仕様、ハンドメイド。
Erafuzz
translation missing: ja.products.product.regular_price ¥39,000
電源 9Vアダプター, 9V電池 付属品 なし 主な特徴 1971年製トライアングルマフに由来するこちらRevolutionはハンドメイドの爆裂シリコンファズ。左のトグルスイッチでローEQをブースト、右のトグルスイッチでミドルEQを操作できます。トゥルーバイパスです。
Electro-Harmonix
translation missing: ja.products.product.regular_price ¥17,000
電源 9Vアダプター, 9V電池 付属品 なし 主な特徴 Big Muff Pi with Tone Wickerは、オリジナルのBig Muffを踏襲しつつも、スイッチを切り替えることで新しいトーンの可能性を創造するものになっています。WickerスイッチをONにすると、3段高域フィルターによりトップエンドが鋭いサステイン豊富なディストーションサウンドが得られます。また、ToneスイッチをOFFにするとToneコントロールがバイパスされ、迫力のあるサウンドを生み出します。Wickerスイッチを切ってToneをONにすればオリジナルのBig Muffサウンドも得られます。
BMF Effects
translation missing: ja.products.product.regular_price ¥30,000
電源 9Vアダプター, 9V電池 付属品 なし 主な特徴 Rams Headにミッドコントロールが加わったブティックペダルで、多目的な使用が可能なファズペダル。
Blackout Effectors
translation missing: ja.products.product.regular_price ¥24,000
電源 9Vアダプター 付属品 なし 主な特徴 Musket Fuzzはただのビンテージ・ファズペダルのレプリカではありません。もちろんビンテージマフ系のファズを踏襲した雰囲気は持っていますが、Pre, Mid, Focusコントロールによってファズサウンドの領域をさらに深く掘り下げられます。オーバードライブ的な軽いファズからど真ん中のファズまで対応でき、サイケ、デスメタル、激しいロックにも向いています。
Blackout Effectors
translation missing: ja.products.product.regular_price ¥24,000
電源 9-18Vアダプター 付属品 なし 主な特徴 元は限定品として登場した"Blunderbuss Fuzz"。シリコンとゲルマニウムトランジスターの組み合わせにより、幅広いサウンドメイクができるペダル。プリアンプ、ミッドレンジ、トーンなど詳細設定が可能で、お探しのファズサウンドが見つかるでしょう。
Basic Audio
translation missing: ja.products.product.regular_price ¥28,000
電源 9Vアダプター 付属品 なし 主な特徴 Basic AudioのTri/Ramマフは、その名が示すように"Triangle"と"Ram's Head"のトーンをトグルスイッチで切り替えできるモデルです。タイトなローエンドのある"Ram"とややローを削ぎクリーミーな"Triangle"。ゲインを低く設定すればオーバードライブに近い明るいトーンも得ることができます。MidとToneコントロール付きでバンドの中でも埋もれないサウンド作りが可能。
Basic Audio
translation missing: ja.products.product.regular_price ¥28,000
電源 9Vアダプター 付属品 なし 主な特徴 Alter Destiny(アルター・デスティニー)はマフタイプの異なる回路を掛け合わせたハイブリッド・ファズ。ハイ/ミッドブーストと独立したMid、Fatコントロールが付いています。
ARC Effects
translation missing: ja.products.product.regular_price ¥48,000
電源 9Vアダプター, 9V電池 付属品 なし 主な特徴 "Big Green"は90年代ロシアンマフ、通称"Tall Front"をターゲットとして作られました。独特のサスティーンとローエンドの歪みを再現しています。ミッドレンジの調整がスイッチで ストック・スクープド フラット ブーステッド の3種類に切り替え可能です。ボディはアルミダイキャストによる頑丈なルックスに包まれ、トゥルーバイパス仕様。
A.Y.A tokyo japan
translation missing: ja.products.product.regular_price ¥29,400
電源 9Vアダプター, 9V電池 付属品 なし 主な特徴 BM-fuzzはFatでヌケが良く、ディストーションBOXのようなsoundから潰れたfuzz soundまで幅広いセッティングが可能です。どのセッティングにおいても、ローノイズで安定したsoundが得られます。そしてもちろんトゥルーバイパスです。より高音質、高品質にするためCarbon Composition抵抗を使用し、構成パーツにはFairchild製トランジスタなど、高品質な物を使用し.内部配線材にはBELDEN製を使用し、ハンダは各種KESTERを使用し、最終的な音質をコントロールしています。
Electro-Harmonix
translation missing: ja.products.product.regular_price ¥12,000
電源 9V電池、9Vアダプター 付属品 なし 長年に渡る数多くのリクエストに応え、 Green Russian Big MuffがNanoシリーズのパッケージで復刻しました。カルト的な人気を誇るGreen Russian Big Muffは1990年代半ばに登場し、衝撃を与えました。それ以来、圧倒的なローエンドとUSメイドのBig Muffとはまた違った独特なサウンドは、ギタリスト/ベーシストによって語り継がれていきました。Green Russian Big Muffはレンジの広いトーンコントロールを備え、そのサウンドは紛れもなくBig Muffのサウンドなのです。 Quick Specs - 1990年代半ばから2000年頃まで製造されたロシア Sovtek社時代の“Green   Russioan Big Muff”の回路を完全踏襲。- オリジナルGreen Russian Big Muff Piを彷彿とさせるアーミーグリーン・カラー  を再現。- オリジナルにはなかったDCジャックを搭載。- エフェクトボードに入れやすいコンパクトなNanoシリーズボディ。
Electro-Harmonix
translation missing: ja.products.product.regular_price ¥12,188
電源 9V電池 or 9Vアダプター 付属品 なし 説明 ファズ/ディストーションの代名詞Big Muffは、1968年の登場以来40年に渡り、無数のギタリストとベーシストを魅了してきました。そのBig Muffをベースに最適化し、更なる進化を遂げたのがBass Big Muffです。 機能詳細ベーシストに人気の高いアーミーグリーンのロシア版Big Muffを基に、Bass Boost / Norm / Dryスイッチを追加しました。Dryのポジションでは、ドライ音を加えられます。歪みのエフェクト成分とドライ音の芯の太さが両立し、完璧なベース用ドライブサウンドを実現する理想的なベース用ディストーションです。 MUFFシリーズについて〜筆者が思うこと〜 「ファズと言えばMuff。」 ‥しかし現行のMuffを試奏したことのあるギタリストなら、「何故この音がThe・ファズなのだろう?」とお思いになったことがあるのではないでしょうか。 Muffはその長い歴史が示す通りというか、Electro-Harmonixさんから~Muffが出ている通りというか、改造を前提に作られていると筆者は考えています。 改造は色々あるのであえてここでは触れませんが、自分でカスタマイズする楽しみがあるという特殊なエフェクターでもあるのです。 もし某ミニ四駆メーカー様が本気でミニ四駆を作ったら。 ‥それに勝つミニ四駆を作るのはかなり難しいのではないでしょうか。 メーカー様がそれを作ることはないまま、ミニ四駆も色々な改造方法がWEBで紹介され、長きにわたりユーザーのカスタマイズ精神をくすぐり続けています。 それと同様に、この”現行Muff"を生産してくれているElectro-Harmonix社もまた、そんなファンのニーズに応えている素敵なメーカー様だと思ってます。 ライブハウスでMuffブリーダー(注 ; Muff愛用者のこと。私はこう呼んでいます。)が2人以上出くわせば、「ウチの子は○○自慢」など、Muff談義が当たり前のように始まります。 ドラマーやヴォーカリスト達は「またやってるぜ」ってほぼ無視。 そんな愛着や個性を持てる、また愛用者同士で競い、自慢し合い、Myマフを褒め合えるのもこのエフェクターがもつ大きな魅力ではないでしょうか。 実際、筆者も冒頭のように「何故この音が?」と思ったギタリストの1人でした。そもそもファズがあまり得意ではなかったということもあり、現行Muffには懐疑心だけが残りました。 ‥しかしそんな私のファズの概念を変えてくれたのが、バンドメンバーが持っていた改造Muffです。 細かくは書きませんが、その音はとても素晴らしかったですよ。 「そんなこと言うなら、現行Muffに対するPEDALDIGの役割とは?」とお思いになるかもしれませんが、あえて現行Muffをレンタルし大音量で演奏することで、改造Muffと聞き比べられるならどのようにそれが差別化されたのか、また今後改造を検討するに当たってどの部分に手を加えるか(または残すか)などの情報収集をして頂ければと思っています。 「なぜMuff(シリーズ)が長きにわたり愛されてきたのか?」への回答のきっかけがつかめるかもしれません。
Electro-Harmonix
translation missing: ja.products.product.regular_price ¥15,000
電源 9V電池 付属品 なし 説明 NYCオリジナル、USA製のBig Muff。ジミ・ヘンドリクス、カルロス・サンタナの時代からコーンまで、40年以上もの間多くのプロフェッショナルを魅了したオリジナル機は、ロックギターサウンドの定義を作ってきました。リッチでクリーミーな、ヴァイオリンのようにサステインの効いたディストーションサウンドを再現してくれます。本モデルは1980年前後くらいに登場したフェイスのもので、ノイズもかなり押さえられている完成系に近いものとなっています。 MUFFシリーズについて〜筆者が思うこと〜 「ファズと言えばMuff。」 ‥しかし現行のMuffを試奏したことのあるギタリストなら、「何故この音がThe・ファズなのだろう?」とお思いになったことがあるのではないでしょうか。 Muffはその長い歴史が示す通りというか、Electro-Harmonixさんから~Muffが出ている通りというか、改造を前提に作られていると筆者は考えています。 改造は色々あるのであえてここでは触れませんが、自分でカスタマイズする楽しみがあるという特殊なエフェクターでもあるのです。 もし某ミニ四駆メーカー様が本気でミニ四駆を作ったら。 ‥それに勝つミニ四駆を作るのはかなり難しいのではないでしょうか。 メーカー様がそれを作ることはないまま、ミニ四駆も色々な改造方法がWEBで紹介され、長きにわたりユーザーのカスタマイズ精神をくすぐり続けています。 それと同様に、この”現行Muff"を生産してくれているElectro-Harmonix社もまた、そんなファンのニーズに応えている素敵なメーカー様だと思ってます。 ライブハウスでMuffブリーダー(注 ; Muff愛用者のこと。私はこう呼んでいます。)が2人以上出くわせば、「ウチの子は○○自慢」など、Muff談義が当たり前のように始まります。 ドラマーやヴォーカリスト達は「またやってるぜ」ってほぼ無視。 そんな愛着や個性を持てる、また愛用者同士で競い、自慢し合い、Myマフを褒め合えるのもこのエフェクターがもつ大きな魅力ではないでしょうか。 実際、筆者も冒頭のように「何故この音が?」と思ったギタリストの1人でした。そもそもファズがあまり得意ではなかったということもあり、現行Muffには懐疑心だけが残りました。 ‥しかしそんな私のファズの概念を変えてくれたのが、バンドメンバーが持っていた改造Muffです。 細かくは書きませんが、その音はとても素晴らしかったですよ。 「そんなこと言うなら、現行Muffに対するPEDALDIGの役割とは?」とお思いになるかもしれませんが、あえて現行Muffをレンタルし大音量で演奏することで、改造Muffと聞き比べられるならどのようにそれが差別化されたのか、また今後改造を検討するに当たってどの部分に手を加えるか(または残すか)などの情報収集をして頂ければと思っています。 「なぜMuff(シリーズ)が長きにわたり愛されてきたのか?」への回答のきっかけがつかめるかもしれません。
Electro-Harmonix
translation missing: ja.products.product.regular_price ¥22,500
電源 9V電池 or 9Vアダプター 付属品 なし 説明 フラッグシップモデルのBig Muff Piですが、その仕様について改めて再考が行われました。 甘く歌うようなトーンとヴァイオリンのようなサステインはプレイヤー達から長い間崇拝の対象であり続け、クラシックな3つのノブは、40年に渡ってロックギター・サウンドにおけるサウンドコントロールを可能にしてきました。 Deluxe Big Muff Piは、ユーザーからの要望に応えたトーンコントロール機能が追加されています。それはオリジナルのNYC Big Muff Piのクラシックサウンドにさらなるサウンドの幅が加えられたものとなっています。 おすすめ近代的な21世紀のMuff。 コンプ搭載で、とくに強力なゲートがデジ感を生み、近年のクラブミュージックやトランス等のデジタルサウンドにもギターサウンドをマッチングさせていきます! MUFFシリーズについて〜筆者が思うこと〜 「ファズと言えばMuff。」 ‥しかし現行のMuffを試奏したことのあるギタリストなら、「何故この音がThe・ファズなのだろう?」とお思いになったことがあるのではないでしょうか。 Muffはその長い歴史が示す通りというか、Electro-Harmonixさんから~Muffが出ている通りというか、改造を前提に作られていると筆者は考えています。 改造は色々あるのであえてここでは触れませんが、自分でカスタマイズする楽しみがあるという特殊なエフェクターでもあるのです。 もし某ミニ四駆メーカー様が本気でミニ四駆を作ったら。 ‥それに勝つミニ四駆を作るのはかなり難しいのではないでしょうか。 メーカー様がそれを作ることはないまま、ミニ四駆も色々な改造方法がWEBで紹介され、長きにわたりユーザーのカスタマイズ精神をくすぐり続けています。 それと同様に、この”現行Muff"を生産してくれているElectro-Harmonix社もまた、そんなファンのニーズに応えている素敵なメーカー様だと思ってます。 ライブハウスでMuffブリーダー(注 ; Muff愛用者のこと。私はこう呼んでいます。)が2人以上出くわせば、「ウチの子は○○自慢」など、Muff談義が当たり前のように始まります。 ドラマーやヴォーカリスト達は「またやってるぜ」ってほぼ無視。 そんな愛着や個性を持てる、また愛用者同士で競い、自慢し合い、Myマフを褒め合えるのもこのエフェクターがもつ大きな魅力ではないでしょうか。 実際、筆者も冒頭のように「何故この音が?」と思ったギタリストの1人でした。そもそもファズがあまり得意ではなかったということもあり、現行Muffには懐疑心だけが残りました。 ‥しかしそんな私のファズの概念を変えてくれたのが、バンドメンバーが持っていた改造Muffです。 細かくは書きませんが、その音はとても素晴らしかったですよ。 「そんなこと言うなら、現行Muffに対するPEDALDIGの役割とは?」とお思いになるかもしれませんが、あえて現行Muffをレンタルし大音量で演奏することで、改造Muffと聞き比べられるならどのようにそれが差別化されたのか、また今後改造を検討するに当たってどの部分に手を加えるか(または残すか)などの情報収集をして頂ければと思っています。 「なぜMuff(シリーズ)が長きにわたり愛されてきたのか?」への回答のきっかけがつかめるかもしれません。
Electro-Harmonix
translation missing: ja.products.product.regular_price ¥19,500
電源 9V電池 or 9Vアダプター 付属品 9Vアダプター 説明 4つのゲルマニウム・トランジスタを搭載したBig Muff。 Germanium 4 Big Muffは、それぞれにゲルマニウム・トランジスタを2個ずつ搭載した、独立したオーバードライブとディストーションに分かれています。 ディストーションにはVoltsコントロールとBiasコントロールを搭載。Voltsは電圧が低下した電池を使用したときの動作を再現し、Biasコントロールは歪みの質を変化させます。 オーバードライブにはBiasコントロールとToneコントロールを搭載しています。 もちろん、ディストーションとオーバードライブを組み合わせて、4ゲルマニウム・ディストーションとしても使用できます。2つの回路を組み合わせることで、多彩なゲルマニウムMuffサウンドを生み出します。 おすすめゲルマニウムMuffにTS系のブースト機能がついているイメージです。 アンプがクリーン、MuffのDis、MuffのDis+ODでブーストとこれ1台で3チャンネル(正確には3.5チャンネルかも)の音色を独立して作り出せます。 MUFFシリーズについて〜筆者が思うこと〜 「ファズと言えばMuff。」 ‥しかし現行のMuffを試奏したことのあるギタリストなら、「何故この音がThe・ファズなのだろう?」とお思いになったことがあるのではないでしょうか。 Muffはその長い歴史が示す通りというか、Electro-Harmonixさんから~Muffが出ている通りというか、改造を前提に作られていると筆者は考えています。 改造は色々あるのであえてここでは触れませんが、自分でカスタマイズする楽しみがあるという特殊なエフェクターでもあるのです。 もし某ミニ四駆メーカー様が本気でミニ四駆を作ったら。 ‥それに勝つミニ四駆を作るのはかなり難しいのではないでしょうか。 メーカー様がそれを作ることはないまま、ミニ四駆も色々な改造方法がWEBで紹介され、長きにわたりユーザーのカスタマイズ精神をくすぐり続けています。 それと同様に、この”現行Muff"を生産してくれているElectro-Harmonix社もまた、そんなファンのニーズに応えている素敵なメーカー様だと思ってます。 ライブハウスでMuffブリーダー(注 ; Muff愛用者のこと。私はこう呼んでいます。)が2人以上出くわせば、「ウチの子は○○自慢」など、Muff談義が当たり前のように始まります。 ドラマーやヴォーカリスト達は「またやってるぜ」ってほぼ無視。 そんな愛着や個性を持てる、また愛用者同士で競い、自慢し合い、Myマフを褒め合えるのもこのエフェクターがもつ大きな魅力ではないでしょうか。 実際、筆者も冒頭のように「何故この音が?」と思ったギタリストの1人でした。そもそもファズがあまり得意ではなかったということもあり、現行Muffには懐疑心だけが残りました。 ‥しかしそんな私のファズの概念を変えてくれたのが、バンドメンバーが持っていた改造Muffです。 細かくは書きませんが、その音はとても素晴らしかったですよ。 「そんなこと言うなら、現行Muffに対するPEDALDIGの役割とは?」とお思いになるかもしれませんが、あえて現行Muffをレンタルし大音量で演奏することで、改造Muffと聞き比べられるならどのようにそれが差別化されたのか、また今後改造を検討するに当たってどの部分に手を加えるか(または残すか)などの情報収集をして頂ければと思っています。 「なぜMuff(シリーズ)が長きにわたり愛されてきたのか?」への回答のきっかけがつかめるかもしれません。
さらに検索

新着製品

ランキング入り*

ランキング入り
  • 皆様に選ばれているエフェクターです。毎月更新
    詳しくはこちら
    ※過去のランカーも表示中