レンタルエフェクターTOP

電源 9Vセンターマイナスアダプター or 9V電池 付属品 なし 今年のNAMMショーで発表されたMad Professor Double Moonは、小型で扱いやすく、幅広い音作りができるモジュレーションペダルです。BBD(バケツリレー素子)を用いたアナログ式の回路にTONEコントロールを追加した本機は、まさに現代のプレイヤーがずっと求めていたモジュレーションペダルと言えるでしょう。Double Moonは、精巧に設計された11種類のエフェクトモードを搭載しています。クラシカルなモジュレーションエフェクトだけでなくモダンなサウンドも作ることができます。エフェクトモードは右上のロータリースイッチで簡単に切り替えることができます。マイルド~ディープなモジュレーション、揺れないコーラスからレスリースピーカー風のサウンドまで、これ一台で自由自在に設定できます! 特徴 SPEED、DEPTH、およびTONEのコントロール パターン毎のコントロール(LFO波形、フィードバック量、またはデュアルコーラスの速度差) BBD(バケツリレー素子)を用いた完全アナログ構造 トゥルーバイパス パワーサプライと電池の両方を使用可能※ただし消費電力が大きいため、電池を使用する場合は新品でも短時間で切れてしまう可能性がございます。 入力/出力端子...
電源 9-18Vアダプター 付属品 なし たった2.3インチ幅の新しいBarber "Gain Changer SR"は、広範囲のEQとゲインが特徴です。 ローゲインの甘いオーバードライブサウンドから、倍音豊かなディストーションまでこれ1台で。 ※当製品はNew Gain Changerとなります。旧タイプのご用意はできませんので、予めご了承ください。 トグルスイッチについて ペダル上部には2つのトグルがあります。 左のトグルは「EQスイッチ」となり3段階の調整が可能です。 左.. Flat+Fat 中.....
電源 9Vアダプター 付属品 なし Absolute Control ベースディストーションを開発する上で、音圧を維持しつつパンチのあるアグレッシブなサウンドを得ることは矛盾と戦うようなものでした。タイトさを求めるのであれば低域がサチュレーションしないように低音を抑える必要が有り、多くの場合軽い音色になりがちです。しかし低域を下手にブーストしてしまえば音の飽和を招いてしまいます。こういった問題の解決策としてレコーディングエンジニアは長い間マルチバンドディストーションというテクニックを使ってきました。 Microtubes X7もまた、こういった問題をコンパクトかつフレキシブルに解決します。まず入力された信号は、任意で設定が可能なローパスフィルターとハイパスフィルターで2つのシグナルに分岐されます。ハイパスフィルターを通ったシグナル(中域から高域のみの音)は、その他のMicrotubesペダル達と同じようにCMOS回路によって歪みが加えられます。ローパスフィルターを通ったシグナル(低域のみの音)は、クリーンのままですが任意でコントロールできるコンプレッサーを通ります。リッチな倍音を持つ歪んだ高域側の音とコンプレッションされたクリーンな低域をミックスすることで、図太い低域を維持しつつアグレッシブなディストーションサウンドを生み出すことが出来ます。たとえ弦のコンディションが悪かったり、楽器自体の音色が軽かったりブーミーだったとしてもMicrotubes X7によって強力な音色のコントロールが可能となります。さらにMicrotubes X7 には 4 バンドグラフィック・イコライザーを搭載し絶大な音色のコントロールを可能とします。 Controls High-pass frequency: 歪ませる高域の周波数の範囲(カットオフ周波数)を設定します。100Hz(ファズの様なサチュレーションサウンド)から1kHz(シャープなサウンド)まで任意で設定が可能...
電源 9Vアダプター 付属品 なし 進化を遂げたMICROTUBES ベースディストーションを開発する上で、音圧を維持しつつパンチのあるアグレッシブなサウンドを得ることは矛盾と戦うようなものです。タイトさを求めるのであれば低域がサチュレーションしないように低音を抑える必要が有り、多くの場合軽い音色になりがちです。しかし低域を下手にブーストしてしまえば音の飽和を招いてしまいます。Microtubes X はこういった問題に対するソリューションです。 まず入力された信号は、任意で設定が可能なローパスフィルターとハイパスフィルターで2つのシグナルに分岐されます。ハイパスフィルターを通ったシグナル(中域から高域のみの音)は、その他のMicrotubesペダル達と同じようにCMOS回路によって歪みが加えられます。ローパスフィルターを通ったシグナル(低域のみの音)は、クリーンのまま手を加えられることはありません。リッチな倍音を持つ歪んだ高域側の音とクリーンな低域をミックスすることで、太い低域を維持しつつアグレッシブなディストーションサウンドを生み出すことが出来ます。例え弦のコンディションが悪い時や、楽器自体の音色が軽い時、またブーミーだったとしてもMicrotubes X によって強力な音色のコントロールが可能となります。 Controls High-pass frequency: 歪ませる高域の周波数の範囲(カットオフ周波数)を設定します。100Hz(ファズの様なサチュレーションサウンド)から1kHz(シャープなサウンド)まで任意で設定が可能 Low-pass frequency: 歪んだ高域のサウンドにミックスするクリーンの低域の周波数の範囲(カットオフ周波数)を設定します。50Hz(サブベースのみ)から500Hzまで任意で設定が可能。...
電源 9Vアダプターのみ 付属品 なし Loud' n Proudは、ヴィンテージの4インプット仕様のマーシャルを筐体に詰め込んだペダルです。 このペダルはアンプの内部構造を忠実にシミュレートしています。プリアンプ部だけでなく、位相反転、プッシュプル、出力トランス等のパワーアンプ部もシミュレートしているため、音だけでなく動作も本物のアンプのようになっています。 また、プリアンプの前段にブースト/ファズ回路が搭載されている点も特徴的です。プリブーストをかけるとプリアンプ部への入力が約13dB上がり、程よい量のゲインを得られます。ブーストによってミッドレンジに少し厚みが加わるため、ペダル全体の音色を少し変える効果もあります。 一方、ファズはヴィンテージのゲルマニウムファズのように作用します。ギター本体のボリューム操作で、クリーントーンから分厚く温かみのあるファジーな音色までを作り出せます。ヴィンテージのゲルマニウムファズとプレキシ・マーシャルの組み合わせは、まさに私達がLoud' n Proudで実現したかったクラシック・サウンドです! さらに、プリアンプに2種類の音色を切り替えられるスイッチを備えています。左側はタイトな低音とわずかにコンプ感のあるサウンド、右側は広がりのある低音とダイナミクスレンジの広いサウンドを得られます。 ヴィンテージ・マーシャルを愛する人のために用意した、まさに本物のサウンドです! Control BASS: 低音域の調節 MIDDLE:...
電源 9Vアダプターのみ 付属品 9Vアダプター Grand Canyonは、EHXの最も高機能なマルチファンクション・ディレイ/ルーパーペダルです。12種類のエフェクトタイプと、レコーディングとオーバーダビングが可能なルーパー機能を搭載しています。 優れたサウンドクオリティ、最大3秒のディレイタイム、タップテンポと9タップディバイドセッティング、ステレオアウト、13プリセット、プログラム可能なEXPペダルセッティング、ソフトな感触のスイッチを採用した高品質なアナログバイパスなどを備えています。 Sound ECHO ‒ ビットクラッシュ/サンプリングレートリダクションとロー/ハイパスフィルターを備えた、解像度の高い24ビットのデジタルディレイです。 MOD ‒ 豊かなフランジャー、コーラス、ビブラート、ワーブルといった効果を生み出すモジュレーションディレイです。 MULTI ‒ エコーのリピート音を最大31回まで正確に設定が可能なマルチタップディレイです。リピート音のスウェル/ディケイを調整可能なボリューム・エンベロープを搭載しています。 REVERSE ‒...
電源 9Vアダプターのみ 付属品 なし Leqtiqueの空間系エフェクターとして2作目となる、本作“Stellaclasm”は、既にコンパクトサイズエフェクターのリバーブ設計において評価の高いBeltonのリバーブユニットを使用したスプリングリバーブをシミュレートした優等生タイプのデジタルリバーブ。という表向きの性質を持ちますが、ミニコントロールであるStellaを時計回りに回して行くことで、“Stellaclam”(星座粉砕)というエフェクター名を造り出すこととなった、もし星が散りゆく様があれば…といったイマジネーションの沸く近未来4次元的な残響音を生み出します。   Beltonのリバーブユニットを使用した今までのエフェクターは基本構成を共有しており、サウンドとしてもスプリングタイプの太いリバーブ音を信条としていましたが、今回新たにリバーブ回路としては類を見ない新規アイデアを盛り込むことで、一度のリバーブ音をStellaコントロールによって加工しながら幾重にも重なるようにし、元のドライシグナルにミックスするような回路を設計しました。結果としては、ほんの少しだけShimmerタイプのリバーブ音にも似た、前述の通りリッチで美しい音色を生み出すこととなりました。ただし、あくまでも非常にシンプルな一般的なリバーブサウンドをベースとしながら積分させていることから、極めてタッチセンシティブなキャラクターとなっており、具体的な例としては、プレーン弦でのピッキングはその強弱によって単にリッチな残響音というところから、どこまでも宇宙空間を飛んでいってしまうような残響音まで変化します。アルペジオタイプのコードワークなどでの表現力が非常に豊かな印象です。 各コントロールは、まずドライシグナルとリバーブ音のウェットシグナルの比率をきめるLevelですが、0%では完全なドライシグナルのみとなり、100%にすることで、原音以上のリバーブサウンドがミックスされることとなります。後述のStellaの効きを強く感じるためにはLevelをなるべく100%に近づけるのがオススメです。次に真ん中のToneコントロールですが、これはリバーブ音にのみかかるハイカットのイコライザーとなっており、時計回りに回すことでリバーブ音を籠らせていきます。聴覚的には少し音像が遠のくようなイメージですが、Stellaのコントロールを上げていった際に音が散らばりすぎてしまうときに、Toneコントロールを時計回りに回すことでスタビライザーの役割のように音を落ち着かせることができるのでそれが一番有用な使い方と考えます。ですので、基本的なポジションは0%(7時方向)です。Decayコントロールは、時計回りに回すことでリバーブのタイプを残響音の短い短いスプリングタイプのものからより奥行きのあるイメージのケーブタイプのものへと変化させます。しかしながら、Stellaclasmでは洞窟の奥深くまで反響するようなDecayの値は設定せずに、敢えて浅めの奥行き感に設定してあります。これは、Stellaを上げた際にDecayをそのようなレベルまで設定してしまうと音が自己崩壊(Delayでいうところの発振のようなものです。)しまうからです。逆説的に、Stellaコントロールの良さをわかりやすく表現するためにはDecayを音をコントロールできる限界の位置まで演奏環境に応じて設定するのがミソです。最後に、最大のキーであるStellaコントロールですが、回路的には一般的なリバーブ回路と、それを積分する構造の受け渡しのRatioを決めるようなものとなっており、時計回りに回していくことで一般的なスプリングタイプをシミュレートしたリバーブ音はどんどん変化していき、最終的には非常に宇宙的で弦振動に極めて敏感な表現力に溢れた音色となります。なかなか文章で表現するのは難しいですが、Stellaを上げた状態で他の3つのコントロールで制御するような状態がこのエフェクターの本当の性質と考えます。 Stellaclasmは直接的に新しい音楽的なアイデアを励起させるようなそんな、摩訶不思議な効果箱に仕上がっていると思います。伝統的なサウンドをベースにしながらもモダンな手法でそれを未来的な音像に仕上げたLeqtique流リバーブを是非お楽しみください。 Quick Specs Operation Voltage : 9V ONLY Control :...
電源 9Vアダプターのみ 付属品 9Vアダプター オールアナログ回路構成のNano Battalionは、頑強でコンパクトなパッケージでありながら驚くほど多彩なベーストーンを生み出します。ライトなオーバードライブからフル・サチュレートのディストーションまで、あらゆるサウンドを可能にするMOS-FETドライブ回路がペダルの心臓部を形成しています。 Nano Battalionは、3つのEQポジションモードを備えた3バンドEQによって最大限のフレキシビリティとサウンドシェイピング・コントロールを実現しています。3バンドEQは、1kHz以上の帯域をブースト/カットするTrebleと200Hz以下をブースト/カットするBass、500Hzを中心周波数として±9dBまでブースト/カットするMidスイッチで構成されています。EQセクションは、3つの信号経路ポジションのどこに配置するか選択することができます。Distortionモードではディストーションシグナルの後ろに配置され、クリーンシグナルには影響を与えることなくトーンを非常に大きく変化させます。Inputモード時はEQセクションは信号経路の最初に配置され、ディストーションシグナルとクリーンシグナルの両方に作用します。このモードでEQをブーストすると、よりサチュレートしたディストーションを得られます。InDryモードでは、EQはクリーンシグナルのみに作用し、ディストーションシグナルには作用しません。 Nano Battalionは1/4”インプット/アウトプットジャックを搭載しており、モノラルケーブルを接続した場合はアンバランスシグナルを、TRSケーブルを接続した場合にはバランスシグナルを出力するため、ミキシングコンソールやレコーディング・インターフェースに直接接続が可能です。Nano Battalionはベースプレイヤーにとってパワフルで柔軟性に優れたツールです。 Quick Specs 素晴らしいトーンとバリエーションを可能にするMOSFETドライブによるオールアナログ回路です。 3バンドEQと3EQポジションモードにより最大限のサウンドシェイピング・コントロールとフレキシビリティを実現。 アクティブ、パッシブいずれのピックアップを搭載したベースにも相性が良い。 アンバランス、バランス出力の両方に対応した1/4”アウトプットを搭載。
Double Moon Fac
¥29,000
Gain Changer SR (Olive Grey)
¥18,519
Microtubes X7
¥36,900
Microtubes X
¥25,500
Loud’n Proud
¥27,800
Grand Canyon
¥48,000
Stellaclasm
¥18,333
Nano Battalion
¥23,000
Spinner