JHS

25のうち1- 25 を表示中
JHS
translation missing: ja.products.product.regular_price ¥0
電源 9Vアダプター(電池使用不可) 付属品 なし 今までの Bass Fuzz では甘いサウンドしか作ることができませんでした。自宅のような大きな音が出せない環境で、ドライブさせたタイトなベースラインを奏でられるファズペダルはほとんどありませんでした。JHS Pedals の 4 Wheeler V2 は、60年代のジャム・バンドのサウンドからモダンなエレクトリックファズサウンドまで様々なベース用ファズサウンドに対応できるペダルです。スペシャルチューンが施された Gate コントロールを調整すれば、Volume、Tone、Fuzz コントロールと併せて指先で思い通りのベースファズサウンドを実現します。どんなサイズのステージでも十分なボリューム/ヘッドルームがあるので、お手持ちのアンプをハードにドライブさせることが可能です。Tone コントロールとFuzz コントロールは非常にフレキシブルで、ノブの可変範囲の端から端までを効果的に使用することができる上に、Gate コントロールと合わせればシンセのようなサウンドやリフをプレイするのに最適なサウンドを作ることができます。さらに Hi/Lo トグルスイッチによってよりディープなサウンドになり、ノーマルな V1 のセッティングよりさらにローエンドをフォーカスしたサウンドへ切り替えられます。ベースプレイヤーが高い評価をするファズペダルは、ギタープレイヤーもそのトーンを好む傾向があるので、ギターの音色として使用してみてもフィットするかもしれません。電源は一般的な9V DC/100mAセンターマイナスアダプターでご使用いただけます。サイズ:55.9mm x 109.2mm x 38.1mm VERSIONの歴史について:V1 = ブラウンのエンクロージャーでイエローのノブが取り付けられています。V2 = 現行モデルです。マスタードイエローのエンクロージャーに変更されており、Hi/Loスイッチが追加されています。
Alpine  JHS - PEDALDIG (エフェクターレンタル)
セール価格
JHS
translation missing: ja.products.product.regular_price ¥39,478 ¥34,329 セール中
電源 9Vアダプター(電池使用不可) 付属品 9vアダプター 世界中の数多のリバーブペダルの中でも、Alpine は非常に扱いやすく多機能で、どんな場面でも使いやすいリバーブペダルです。使い方は簡単で、特別な知識がなくてもノブを回すだけでパワフルで素晴らしいリバーブサウンドが得られます。 スイッチ&ノブAlpine には 2つのフットスイッチがあります。左側のフットスイッチはペダルの ON/OFF、右側のフットスイッチは Shift スイッチです。まず最初に Reverb コントロールから音作りをはじめます。Reverb コントロールはウェット/ドライの Mix ノブで、ドライ音とエフェクトレベルのバランスやフィールを設定します。Highs コントロールは、ハイパスフィルターのような機能で、全体のサウンドをダークにしたり、ブライトにしたりすることができます。このコントロールの設定はリバーブ音の減衰の仕方や反応など、リバーブの効果を決める重要な部分です。例えば、高域の残響音がなかなか減衰しないような過度な設定の場合などに、Highs ノブを下げることでよりシンプルなさりげないフィールに調整することができます。逆に、シンプルなルーム/スラップサウンドをブライトにすることで、よりドラマチックなサウンドにすることもできます。Depth コントロールは、リバーブサウンドの奥行きを調整します。このノブをコントロールすることで、ギターを弾きながら峡谷の深さ(空間の広さ)を変えるような感覚をイメージしてみてください。Length コントロールは、リバーブ全体のテイル/ディケイタイムを調整します。低く設定した場合はバスルームのような残響に、高く設定した場合は人間の感覚を超えるような、どこまでも響き渡るような残響音にすることができます。 シフトノブ&フットスイッチShift ノブは最も便利な機能で、動作中に2つのリバーブサウンドの設定の切替を可能にします。右側の Shift フットスイッチを ON にすると、2つ目の Reverb コントロールとして Shift ノブをコントロールすることができます。これにより、スタンダードな Reverb コントロールで設定したサウンドと Shift コントロールで設定したもう1つのリバーブサウンドの2プリセットを切り替えられます。 ジャックAlpine は一般的なペダル同様にトップマウントのインプットとアウトプットの2つのジャックに加え、左側に JHS Panther Cub Analog Delay と同じ...
JHS
translation missing: ja.products.product.regular_price ¥25,000
電源 9Vアダプター 付属品 なし Angry Charlieは、もう何年にも渡ってJHSの主力商品となっています。このVERSION 3では、優れた部分はそのまま残し、より素晴らしい柔軟性と使い易さが得られるようないくつかの微調整が行われています。V3は、ハイゲインペダルのカテゴリーの中で認められる”力”そのものです。それはJCM800のトーンが簡単に、確実に息づいているペダルなのです。機能について見て行きましょう。Angry Charlieには5つのコントロールが装備されています:VOLUME、DRIVE、BASS、MIDSそしてTREBLEです。VOLUMEコントロールはアンプにある通常のマスターボリュームのように機能します。単純に時計回りに回せば音量は上がり、反時計回りに回すと音量は下がります。DRIVEコントロールは、全体的な歪み/オーバードライブの量をコントロールしてシグナルパスに入力します。時計回りに回すとよりディストーションが掛かり、逆に回すと歪み量が少なくなります。V3で新しくなった点は、BASS、MIDS、TREBLEコントロールが追加されたことです。マーシャルアンプを忠実に複製するためには、完全なマーシャルスタイルのトーンスタックを組み込む時だと判断したのです。これらの3つのコントロール全ては、帯域のカットとブーストを行い、12時位置では相対的にフラットになります。右側面の1/4″ジャックはインプット、左側面にはアウトプットジャックが装備されています。もしあなたがブリティッシュなテイストを持ったハイゲイン・オーバードライブ/ディストーションペダルのマニアで、豊かなベースのレスポンスと厚いミッド、そしてバランスの取れたハイエンドのレスポンスがお好みなら、Angry Charlie V3はあなたの人生を変えることでしょう。そう、機材にかける人生を。電源は一般的な9V DC/100mAセンターマイナスアダプターでご使用いただけます。サイズ:55.9mm x 109.3mm x 38.1mmVERSIONの歴史について:V1 = 大き目の筐体と3つのコントロールを装備、PRESENCEコントロールは付いていません。V2 = 筐体のサイズと外観が現行のものに変更されています。PRESENCEコントロールが追加されました。V3 = 筐体の色が赤に変更され、3バンドのTONEコントロールが追加されましたので合計5つのコントロールとなりました。
JHS
translation missing: ja.products.product.regular_price ¥11,600
JHS Pedals / Buffered Splitter ジェイエイチエスペダルス / バッファードスプリッター 電源 9Vアダプター(電池使用不可) 付属品 なし 信号を2系統にスプリットする際にパッシブの機材を使用することで信号を劣化させたくなければ、このBuffered Splitterをご使用ください。インプットシグナルをバッファードした上でふたつのアウトプットに分けることができるので、信号が劣化することなくクリアなサウンドを実現します。使用例:* ペダルボードやアンプ等に送る信号とは別にミキサーや他のアンプへ信号を分ける。* 片側のアウトプットからチューナーへ接続し、もう一方は通常通り次のエフェクターやペダルボード等へ接続します。一般的なヴォリュームペダルのチューナーアウトと違ってバッファーを内蔵しているのでペダルの使用によって音色を損なうことがありません。電源は一般的な9V DC/100mAセンターマイナスアダプターでご使用いただけます。サイズ:91.5mm x 38.1mm x 25.4mm
JHS
translation missing: ja.products.product.regular_price ¥25,000
電源 9Vアダプター(電池使用不可) 付属品 なし もし、あなたがオリジナルのマーシャルJTM45について聴いたことがあれば、そのサウンドがクラシックなロックンロールのそれだとご存知のことでしょう。実際クラシックのJTM45は、暖かみがあり豊かなそのトーンキャラクターによって、ストラトキャスターを歌わせたりやレスポールを叫ばせたりすることが出来ます。JHSのCharlie Brownは、いかなる良いアンプの音色をも、その時代の息吹をもった、生き生きとしたレプリカサウンドに変えてしまうのです。Charlie Brown V4は、人気のあるV3をベースに、その心臓部や魂はそのままに、より柔軟性と選択肢が加えられています。コントロールを見て行きましょう。 ペダルを見ると、VOLUME、DRIVE、BASS、MIDSそしてTREBLEというコントロールが配置されています。VOLUMEコントロールはアンプのマスターボリュームのように機能します。単純に時計回りに回せば音量は上がり、反時計回りに回すと音量は下がります。DRIVEコントロールは、シグナルパス内の歪み/オーバードライブの量をコントロールします。時計回り一杯に回すと得られる限りのディストーションが掛かり、反時計回り一杯に回すと最もクリーンな設定となります。GAINが50%以下だときめの粗いローゲインのオーバードライブとなり、ヘンドリックスが好んだサウンドとなります。GAIN (DRIVE)を上半分の設定にすると新しい世界が広がり、そのナチュラルなクランチサウンドは我々のオーバードライブペダルのラインナップの中でも傑出したものとなります。時計回り一杯に回し切ると、ハイゲイン・オーバードライブの楽園が広がります。 V4で新しくなった点は、BASS、MIDS、TREBLEコントロールが追加されたことです。ビンテージのマーシャルアンプを忠実に再現するためには、完全なマーシャルスタイルのトーンスタックを組み込む時だと我々が判断したのです。これらの3つのコントロール全ては、帯域のカットとブーストを行い、12時位置では相対的にフラットになります。右側面の1/4″ジャックはインプット、左側面にはアウトプットジャックが装備されています。もし、あなたが本物のフィーリングやサウンド、テイストそして匂いを持ったクラシックロックのオーバードライブを探しているのなら・・・ これ以上探す必要はありません。 電源は一般的な9V DC/100mAセンターマイナスアダプターでご使用いただけます。 サイズ:56.0mm x 109.2mm x 38.1mm VERSIONの歴史について: V1 = 大き目の筐体です。Charlieのアイコンがありません。 V2 = 筐体が現行のサイズと外観に変更されています。 V3 = V2とは若干異なるDRIVEコントロールとゲイン構造を持っています。 V4 = 筐体の色が黄色に変更され、3バンドのTONEコントロールが追加されましたので合計5つのコントロールとなりました。
Colour Box  JHS - PEDALDIG (エフェクターレンタル)
セール価格
JHS
translation missing: ja.products.product.regular_price ¥58,700 ¥52,500 セール中
電源 18Vアダプター(電池使用不可) 付属品 18vアダプター 1961年、あるイギリスのエンジニアは自宅にある小さな部屋で、後にプロ・オーディオの世界の歴史を変えることになるある会社をスタートさせました。その会社は現代音楽のトーンの軌道を示し、ジャンルを超え全ての世代のフォロワーにインパクトを与えました。レコーディングの世界で知らない人はいない、とまで言われる Neve*社のレコーディングコンソールは、Beatles の “Love Me Do” に始まり、Led Zeppelin、 U2、Spoon、Pink Floyd、Motown、Quincy Jones、Nirvana、Steely Dan、Neil Young、Tears For Fears、Tom Petty など、その有名なサウンドは数え上げればきりがありません。Colour Box はその伝説への JHS Pedals のトリビュートであり、1つの機材が音楽をどのように変化させられるかということを体感することができるアプリケーションです。Beatles の “Revolition” や、Jackson 5、Marvin Gaye のような Motown クラシック、現代では Radiohead の “Bodysnatchers” などの楽曲を聴いたときに、“どのようにしてこのギターサウンドが録られているのか?” と考えたことはないでしょうか。その答えは明らかにされないことが多いですが、実際にはヴィンテージのスタジオコンソールにギターを直接プラグインする “ダイレクト・イン”...
Crayon  JHS - PEDALDIG (エフェクターレンタル)
セール価格
JHS
translation missing: ja.products.product.regular_price ¥27,400 ¥25,200 セール中
電源 9Vアダプター(電池使用不可) 付属品 なし 1968年にリリースされたビートルズの “Revolution 1” からは、突き刺さるようなギタートーンが聴こえてきました。このトーンは、ギターを直接ミキシングコンソールに接続するもっとも有名な使用方法の1つで、今日では “ダイレクト・イン・ディストーション” と呼ばれます。そのトーンは最も有名でユニークなギタートーンの1つで、JHS Pedals が2014年にリリースした JHS Colour Box のインスピレーションの1つでした。JHS Pedals では、ブリティッシュスタイルのアンプに直接接続した時に、あのコンプレッションの効いたバイト感とファズサウンドを再現できるコンパクトペダルをイメージしていました。しかしながら、Colour Box は想像を超えて、世界中のギタープレーヤーや多くのプロデューサーだけでなく様々な楽器のプレーヤーが手にするほどの評価を得ました。ここ数年多くのプレーヤーが、より効率化されていて歪みペダルを基本形とした、Colour Box のようなトーンを持ったユニットに興味を示すようになりました。これに伴い、JHS Pedals では Colour Box から XLR アウトや3バンド EQ をなくし、簡単に使用できるギタリストのためのフォーマットとして Crayon を開発しました。コントロールは Master、Pre-Vol、Tilt そして Hi Pass のみです。Master コントロールは標準的な、全体の出力レベルのコントロールです。Pre-Vol コントロールは、ドライブやファズコントロールのように扱うことができる機能で、プリアンプへ送り出すプリ・ボリュームを上げてオーバードライブさせます。可変範囲の75%以上になると弦を強くピッキングした時にノイズゲートが開くゲートファズのようなサウンドになり、入力信号やタッチニュアンスに反応しやすくなります。Tilt...
JHS
translation missing: ja.products.product.regular_price ¥43,000
電源 9Vアダプター 付属品 なし 主な特徴 Double Barrel V4 – すべてのロー~ミディアムゲインのサウンドをカバーするペダルをさらに改良!The Double Barrel V4 は幅広く使用できるライト~ミディアムゲインのトランスペアレント系オーバードライブを必要とするプレーヤーに向けたペダルです。このペダルでハイゲインサウンドを得ることは出来ませんが、それぞれの個性を持った2つのオーバードライブを登載し、スタック機能も有していますので幅広いトーンのニーズにこたえることができます。新しい Double Barrel V4 の右側には、あの最も有名な緑色の筐体のオーバードライブに多くのモディファイを施したオーバードライブの Moonshine V2 を搭載。Moonshine V2 はクラシックなミッドヘヴィーなトーンだけではなく、想像以上のゲイン、ヴォリューム、トーンの幅を持っています。Moonshine V2 は version1と基本的なサウンドは同じですが新しく “Clean” ノブを搭載しており、オーバードライブのシグナルにクリーンのシグナルを足すことが可能となりました。Double Barrel の左側は JHS Pedals のベストセラーである Morning Glory V4 オーバードライブを搭載。トランスペアレントでオープンなトーンに、新しくRed Remote で操作が可能な hi-gain...
JHS
translation missing: ja.products.product.regular_price ¥30,400
電源 9Vアダプター(電池使用不可) 付属品 なし JHS Pedals Emperor は、本物のアナログコーラス/ピッチ・ヴィブラート・エフェクトペダルで、タップテンポ、ウェーブフォーム切替、ロータリー・スピーカー・シミュレーション、トゥルーステレオ・アウトプットなどの多彩な機能を備えています。要望の高かったヴィンテージの Arion SCH-1 コーラス・トポロジーから開発はスタートし、Emperor は本物の BBD素子 “3207チップセット” を採用したトーンと先進的な拡張機能を備えたペダルとしてデザイン、開発されました。ヴィンテージ・モジュレーショントーンを実現しながらもモダンなコントロール性を兼ね備えており、ヴィンテージの BOSS VB-2、CE-2、CE-1、そして SCH-1 といった伝説の名機たちが奏でてきた本物のアナログモジュレーションサウンドをここに再現します。 ノブ&コントロールEmperor は、Volume、Tone、Speed、Depth の4つのコントロールノブを搭載しています。Volume コントロールはインプットシグナルのカット/ブーストを調整します。これによりウェット音とのミックスバランスを必要に応じてフレキシブルにコントロールすることができます。Tone コントロールは、オリジナル SCH-1 のトーンスタックのバリエーションで、スウィープ、フォーカス、そしてレンジなど複数のコントロールにも影響を与えます。Speed コントロールはモジュレーションのスピードをコントロールします。タップテンポ・スイッチは Speed コントロールと連動して動作し、Speed コントロールの設定をリアルタイムで上書きすることが可能です。Depth コントロールはモジュレーションの深さを調整します。 トグルスイッチEmperor のトップ面の真ん中には2つのトグルスイッチが搭載されています。Chorus/Vibrato スイッチは、コーラスモードとヴィブラートモードの切替を行います。ウェーブフォーム(波形)のセレクトスイッチは、Sine(正弦波)、Square(矩形波)、Triangle(三角波)の3タイプから選択することができます。3つの波形はそれぞれユニークなコーラスオプションを3タイプ、ヴィブラートモードでも3タイプのオプションを作り出せるので、計6つの異なるモジュレーションセッティングが行えます。どちらのモードでもタップテンポ機能は有効です。使い始めのポイントとして、両方のトグルスイッチが下のポジションのときは VB-2 スタイルのピッチ・ヴィブラート、上のポジションのときは SCH-1 のコーラスサウンドを再現するセッティングになります。 ジャックEmperor は3つの 1/4” ジャックを搭載しています。インプットジャックにはギター等の楽器からの信号を入力し、アウトプットはアンプや後続のエフェクター等と接続します。アウトプットジャックは TRS...
JHS
translation missing: ja.products.product.regular_price ¥29,800
電源 9Vアダプター 付属品 なし Honey Comb Deluxeは、簡単な操作で初期のフェンダー・ブラックフェイスやVoxのトレモロ・サーキットを彷彿とさせるヴィンテージ・アナログ・トーンを再現します。唯一の違いは、より詳細な設定が可能になっている点です。ペダルがバイパス時でも設定されているテンポがLEDによって表示されるので、トレモロのスピードを常に視認することができます。さらに、フットスイッチで2つのトレモロ・スピードを切り替えられるので、1つのペダルで2つのトレモロ・ペダルのようにご使用いただけます。真ん中のLEDでは、LEDが赤く点灯しているときには赤いノブ、緑色に点灯しているときは緑のノブのセッティングが選択されていることが分かります。ペダルの中のサーキットボードには、小さな赤いスイッチを搭載しており、このスイッチを下に下げると遅いスピードやストックスピードで使用することが可能です。電源は一般的な9V DC/100mAセンターマイナスアダプターでご使用いただけます。サイズ:56.0mm x 109.2mm x 38.1mm
JHS
translation missing: ja.products.product.regular_price ¥6,580
アンプにエフェクトループのSend/Return端子があれば、SENDとインプット、RETURNとアウトプットをそれぞれ接続します。サチュレートさせたプリアンプ・セクションにLittle Black Amp Boxを使用すれば、ベッドルームで使用できる音量で真空管を歪ませたトーンが得られます。ペダルの動作にアダプター(電源)は不要です。サイズ:91.5mm x 38.1mm x 25.4mm
JHS
translation missing: ja.products.product.regular_price ¥7,850
Hammond社製の小型のメタルエンクロージャーに高品質のジャックとスイッチを使用したMini A/B Boxです。また、赤と青の2色に点灯するデュアルカラーLEDで、A/Bどちらを使用しているかを視認できるのでライブ等での使用に便利です。使用例:* A、Bそれぞれにアンプを接続し、切り替えるアンプセレクター* 片方にチューナーを接続して、チューナーアウトとして* 2 In 1 Outのギターセレクター* 片方には何も接続しないで切り替えればミュートスイッチとして使用可能* 2x1のジャックはどちらもインプット/アウトプットとして使用することが可能このペダルはパッシブですが、LEDを作動させるのに一般的な9V DCセンターマイナスアダプターが必要です。サイズ:91.5mm x 38.1mm x 25.4mm
JHS
translation missing: ja.products.product.regular_price ¥17,500
電源 9Vアダプター(電池使用不可) 付属品 なし コンパクトで無慈悲なほどにシンプルで小型のピュア・クラシックファズは、ファズに否定的なプレーヤーの心さえ掴みます。このペダルはあなたがプレーした中で最もショッキングなペダルとなるでしょう。リッチなハーモニクスと高いヘッドルームを兼ね備えたぶ厚いファズ/オーバードライブは「もしこのペダルを数年前に手にしていたなら….有名になれてたかもしれない…」とあなたに思わせてしまうかもしれません。電源は一般的な9V DC/100mAセンターマイナスアダプターでご使用いただけます。サイズ:91.5mm x 38.1mm x 25.4mm
JHS
translation missing: ja.products.product.regular_price ¥25,000
電源 9Vアダプター(電池使用不可) 付属品 なし Moonshine V2 はトランスペアレントではなく独特な個性をもったオーバードライブを探しているプレーヤーに向けたペダルで、あのもっとも有名な緑色の筐体のオーバードライブに多くのモディファイを施したオーバードライブペダルです。ブルース、ロック、カントリー、ジャズはもちろんハードコアやメタルの様なジャンルにも使用できる万能なトーンシェイピングツールです。Moonshine V2 は version1と基本的なサウンドは同じですが新しく “Clean” ノブを搭載しておりオーバードライブのシグナルにクリーンのシグナルを足すことが可能となりました。シンプルな “Proof” トグルスイッチを切り替える事でアンプの様にブレークアップするローゲインの歪みからアンプをフル10で鳴らしたようディストーションサウンドまでカバーします。スイッチを下側のポジションに切り替えるとハイゲインセッティングとなりロングサスティーンを生み出すサチュレーテッドサウンドが使用可能となります。上側のポジションではよりオープンなクランチサウンドを生み出し、より大きなヘッドルームとボリュームの幅を持たせてあります。トーンコントロールは非常にスムースな効きでオーバードライブをブライトなセッティングにした際にありがちな耳障りな高域が目立つようなことはありません。JHS の SuperBolt と同じで Moonshine は内部で 9V から 18V に昇圧しており、9Vの電源を供給しても実際には 18V で使用する際のヘッドルーム、ローエンド、パンチを得ることができます。Moonshine があなたが使用してきたオーバードライブの中でに最も太くて厚いオーバードライブと感じられるかもしれません。また歪みペダル、ブースター、ファズなどの前に Moonshine を使用することもお勧めいたします。スタイルを選ばず様々なアンプと使用することで様々なジャンルの音楽にマッチさせることが可能です。さらにMoonshine はベースにも最適なペダルで、実は元々 Moonshine はベース用として設計されました。このペダルは標準の 9VDC センターマイナスの電源が必要です。消費電流は 100mA 以下です。サイズ:55.9mm x 109.2mm x 38.1mm
Morning Glory V4  JHS - PEDALDIG (エフェクターレンタル)
セール価格
JHS
translation missing: ja.products.product.regular_price ¥27,400 ¥25,390 セール中
電源 9Vアダプター(電池使用不可) 付属品 なし 何年にも渡り、Morning GloryはJHSのラインナップの中でも間違いなく最もよく知られ、かつ賞賛を受けているオーバードライブペダルです。他のJHSペダルよりも多くの賞を勝ち取り、また絶賛されてきたのです。このペダルが開発されたのは2009年ですが、市場にあるTubescreamerタイプの回路のように強く中域を強調したり、その他のトーンキャラクターを加えることなく、シンプルにギターとアンプのサウンドをネクストレベルに高めるオーバードライブペダルの必要性から生まれました。そのゴールは、今もなお、非常に簡単で最も透明感のある(“トランスペアレント”な)オーバードライブであることです。ここ数年、”トランスペアレント”という業界用語が少し使われすぎてはいますが、その意味と用途は今もなおMorning Gloryがあなたの機材に起こす魔法を表現するのに最適です。さて、Morning Glory V4にどのような改良が施されたのかを見ていきましょう。コントロールを見ていくと、VOLUME、DRIVE、TONEそしてGAINが配列されています。VOLUMEコントロールは、出力レベルをコントロールするマスターとして機能します。V4における一つの改良点として、V3と比べて2倍のヘッドルームをこのコントロールに追加しました。DRIVEコントロールは、時計回りに回した分だけオーバードライブが得られます。このコントロールの設定を上げると、トレブルの量が若干増加します。TONEコントロールは基本的なハイパス・フィルターとなっており、時計回りに回すとトーンがより明るくなります。逆に反時計回りに回すと暗くなります。GAINトグルスイッチは、新しいブーストモードとして機能します。このモードは全体的によりパワフルでローエンドが強調されており、DRIVEノブの設定が高めだとMorning Gloryのあらゆるバリエーションの中でもよりハイゲインなトーンを生み出します。また、このトグルスイッチの設定はステータスLEDが赤色に点灯することで表示され、ペダルの右側に配置されている”Remote Gain”と表示された1/4″ジャックでリモートコントロールが可能です。この機能によって、ライブ中でもGAINトグルスイッチの瞬時の切り替えが可能となります。使用するエフェクトボードにスペースがないときにも、通常のトーンを設定し、2つ目のトーンに瞬時にRedリモートで切り替えることが出来るのです。ブライト(HI)・カット・トグルスイッチは、同じくペダルの側面に配置されていますが、簡単にアクセスでき、また邪魔になりません。このスイッチは少しトーンがブライトな傾向にある機材を使用するときや、より高めのゲインのドライブサウンドを出すときに有効です。インプットジャックは右側面の下側に、またアウトプットジャックは左側面に配置されています。MGは標準の9V DCパワーサプライのみにて駆動します。ストラトキャスタータイプまたはレスポールタイプ、どちらのギターを使用するにしても、Morning Gloryはタッチに敏感で、お使いの楽器のフィーリングを100%そのまま残すことが出来ることを瞬時に理解できることでしょう。”Little Wing”のチャイムのようなサウンドからフル・コードによるロックまで、Morning Gloryにかなうものはいないでしょう。もしあなたがMorning Gloryに興味を持って初めて機材の中に入れて使用する何千という中の一人ならば、Morning Glory V4は全てにおいて正しい機能とトーンを持ち、使い易さという点でも最初の選択肢となるオーバードライブペダルです。電源は一般的な9V DC/100mAセンターマイナスアダプターでご使用いただけます。サイズ:56.0.mm x 109.2mm x 38.1mmVERSIONの歴史について:V1 = 大き目の筐体にブラックのノブが装備されています。ブライト・カット・スイッチは付いていません。ロゴもありません。V2 = 現在の小さめの筐体に変更されています。ゴールド・パウダー・コート・カラーとなっています。V3 = ブライト・カット・トグルスイッチが追加されています。V4 = ヘッドルームが2倍になり、GAINトグルスイッチとRedリモートスイッチが追加されています。
JHS
translation missing: ja.products.product.regular_price ¥28,800
電源 9Vアダプター(電池使用不可) 付属品 なし 1967年、マイク・マシューズがエレクトリックギター用のサステイナー回路の実験をスタートさせました。これが伝説の始まりです。そして1969年初頭にその回路は完成し、ギターエフェクト史上最も崇拝され、コレクションされることになる伝説のペダルが誕生しました。それから半世紀もの間に30を超えるバージョンが制作されたBig Muff ディストーション/ファズは、音楽史のムーブメントやバンドの個性的なサウンドの先駆けとなりました。Muffulettaは、もっとも偉大で歴史的にも重要な伝説のペダルへのトリビュートです。今まで行われていなかった方法でクラシックMuffの回路を完全に再現したMuffulettaを見ていきましょう。Muffulettaの心臓部は、クラシックBig Muffの5つのバージョンの回路と、新しくJHSオリジナルバージョンを加えた6モデルから構築されています。これらの全てのモデルは、言うまでもなくデジタルエミュレーションやデジタルの信号処理を行うことなく制作しています。モデルを選択すれば、各時代のモデルの実物の回路に使用されたコンポーネンツと同じ値の回路を使用したアナログトーンを再現します。5つのクラシックモデルは、歴史の中からJHSとしてもフェイバリットで人気の高いモデルを選定しました。1台の扱いやすい小さなペダルフォーマットで、それらの歴代のサウンドを蘇らせることが可能です。希少で高価なペダルを探すこともありません。MuffulettaにはVolume、Tone、Sustain、Modeの4つのコントロールがあります。Volumeはペダル全体の出力レベルをコントロールします。Toneは全体の音色をブライトにしたりダークにすることができます。Sustainは、ゲインやディストーションコントロールと同様に歪みの強さをコントロールします。ModeコントロールはBig Muffの6つの異なるバージョンを選択します。それでは究極のBig Muffトリビュートとなる各モードを見ていきましょう。 JHS“2015年製”のJHSマフサウンドで、クラシックBig Muffの回路にJHSオリジナルの解釈を加えたモードです。よりパワフルで、より印象的なミッドレンジとコンプレッション感の少なさが特徴で、ベースとの相性も抜群です。 73 Rams Head “1973~1977 V2”Rams Headの名は、筐体の右下に描かれた、小さな妖精の顔のイラストが由来です。当時ニックネームを付けた人々には、このイラストが羊もしくは動物のように見えたのでしょう。V2と呼ばれるこのバージョンのサウンドは、ミッドレンジが削られゲインを抑えた全体的にダークな特徴として知られ、David Gilmour(Pink Floyd)やErnie Isley(Eisly Brothers)、J. Mascis(Dinosaur Jr.)などが使用していたことが有名です。 The Triangle “1696~1970 V1”Triangle Muffは、オリジナルユニットのトップに配された3つのノブが三角形に配置されていたことでトライアングルと呼ばれるようになりました。V1と呼ばれるこのバージョンは、ローエンドのレスポンスが高い明瞭なサウンドが特徴です。SantanaやDavid GilmourのPete Cornishが制作したペダルボード、John Lennon、Kevin Shields(My Bloody Valentine)らの使用で有名です。Jimi Hendrixが使用したのもこのヴァージョンかもしれません。 The Pi “1977~1987 V3”Pi Muffの名前の由来は、一目でわかる筐体トップ面に描かれた赤いπのシンボルマークです。このデザインは2000年以降にリイシューされたNYCバージョンでも採用されました。アグレッシブなサウンドで知られるこのヴァージョンは、Frank Zappa、 Billy Corgan(Smashing Pumpkins)、 Jack White,...
JHS
translation missing: ja.products.product.regular_price ¥42,980
電源 9Vアダプター 付属品 なし JHS Pedalsは、2011年にPanther Analog Delayをリリースしました。それから丸2年後、不可能と思われていたハーフサイズへの小型化やさらにいくつかの改良を加え、Panther Cubが完成しました。Panther Cubは様々なスタイルや使用方法、プレイヤーをカバーできる幅広いトーンとオプション機能を備えた、本物のBBD(Bucket Brigade Device)素子を使用したアナログディレイです。このPanther Cub Delayはオール・アナログで構成されており、1000msecまでのディレイタイムをタップ・テンポでコントロールすることを可能にした革新的なペダルです。エフェクトループは様々なエフェクトをインサートしたり、ディレイ音のみに効果を加えることもできます。4つのセクションに別れているRatioコントロールは、4分、付点8分、8分、3連譜に区分されています。内蔵のモジュレーションは、有名なヴィンテージDeluxe Memory Manタイプのヴァイブやコーラスサウンドを実現し、タップテンポを使用しても完璧に動作します。Panther Delayは、初めてこの機能をを実現しました。内部のRoarスイッチは、2つの異なる発振のレスポンスやレベルを設定することができます。また、エクスプレッション・ペダルで設定を変更したいコントロールノブを選んで割り当てることが可能です。タップのイン/アウトジャックは、接続した外部スイッチでタップテンポをリモートコントロールしたり、Panther Cubで設定したタップテンポを出力して外部機器と同期させることができます。このペダルは、一般的な9V DCセンターマイナスアダプターでご使用いただけます。 ・ 1000ミリセカンドのディレイ(最大1秒)・ 100% アナログ・シグナルパス・ 8つの 3208 BBD(Bucket Brigade Device)素子を採用・ コンパクトサイズの筐体を実現・ 4ポジションのRatio(Subdivision)コントロール  (4分、付点8分、8分、3連譜)・ 9V DCセンターマイナスアダプター・ ソフトタッチ・タップテンポ・スイッチ・ タップテンポ使用中でも正確に動作するモジュレーションコントロール  (M.Depth、M.Speed)・ 内部Roarスイッチで2つの異なるオシレーションパターンを切替可能・ ディレイ音のみにエフェクト効果を追加できるEFXループ  (TRSスプリッターケーブルを使用)・ ステレオ出力時のドライ(原音)アウトが可能(TRSスプリッターケーブルを使用)・ 無駄なスペースを省いたトップマウントのインプット/アウトプットジャック・ 機能を選択してアサイン可能なエクスプレッションコントロール  (Speed、Ratio、M.Depth、M.Speed)・ 改良された強力なフィードバックと発振・ 総合的なディレイの精度やパワーを改良・...
JHS
translation missing: ja.products.product.regular_price ¥28,800
電源 9Vアダプター 付属品 なし Pulp N Peel V4 は、6年以上にわたり調整と改善、実験を経て完成しました。前モデルの Pulp N Peel V3 は世界中で 1,000人以上のプレーヤーのペダルボードに設置されており、コンプレッサーが好きではないプレーヤーからも使用されて評判になったコンプレッサーです。バージョン4では、今まで築いてきた Pulp N Peel のサウンドや機能性はそのままに、コンプレッションペダルの用途や新しいトーン、そして新しい領域へ踏み出すために回路の能力を拡張し、新しい機能を追加しました。より広いヘッドルーム、スムースでよりサステインを含んだトーン、パラレル(並列)のオーバードライブ - ドライブサーキット、パラレルの 1/4″ アウトと D.I アウトとトーンコントロールを新たに搭載しました。Pulp N Peel V4 は Volume、Compression、Blend、EQ コントロールと Dirt スイッチを搭載しています。Volume コントロールは、出力信号をカット/ブーストするスタンダードなマスターボリュームです。V4 の主な改良点として、今まで以上にクリーンなヘッドルームを得たことにより、リードブーストやチューブアンプをドライブさせることが容易になりました。Compression コントロールはコンプレッション/サスティン量を調整し、時計回りに回すことでより強いコンプレッションと長いサステインが得られます。Blend コントロールは、ミキシングコンソールのフェーダーと同じような作用で、このコントロールを時計回りに回すとパラレル出力のドライ音(原音)にコンプレッションサウンド(ウェット音)をミックスすることができます。これにより、ギターやアンプ本来のトーンは失われることなくコンプレッションサウンドのアタックと明瞭さのバランスを完璧にコントロールすることが可能です。EQ コントロールは、コンプレッションサウンド(ウェット音)をブライト/ダークなトーンに変化させます。12時方向に設定した時は EQ コントロールは無効で、左に回すとトーンはダークなサウンドに、右に回せばブライトなサウンドになります。Dirt...
JHS
translation missing: ja.products.product.regular_price ¥30,400
電源 9Vアダプター 付属品 なし Ruby Red は、JHS Pedals も敬愛するアーティスト/プロデューサー/ソングライターである Butch Walker 氏とのコラボレーションから誕生しました。Butch 氏は Marvelous 3 での活動で一躍有名になり、その後もプロデューサーとしても活躍し、Pete Yorn、Pink、The Academy Is、Weezer、Panic! At The Disco、Taylor Swift、Avril Lavigne、Katy Perry、Keith Urban、Fallout Boy、Ryan Adams など数多くのアーティストのプロデュースにて成功を収めています。業界屈指のプロデューサーとして知られる彼は常に多くの仕事が舞い込み多忙を極め、スタジオに居ないときは常にステージにいるという状況でした。ある時 Butch 氏から JHS Pedals に連絡があり、彼が JHS Pedals の Super Bolt を様々なセッションで好んで使用していることを知りました。Butch 氏と今後のライブ活動の話をするにつれ、話はとんとん拍子に進み Ruby...
JHS
translation missing: ja.products.product.regular_price ¥21,000
電源 9Vアダプター(電池使用不可) 付属品 なし Electro-Harmonix の Soul Food は、あの Klon のオーバードライブをとても正確に再現しています。JHS Pedals では、ストックの EHX のクリッピングに加えて、オープンなクリッピング、そして本物の Klon スタイルのゲルマニウム・ダイオードクリッピング回路を切り替える 3way スイッチ、さらには Bass Contour コントロールの “Meat” ノブを追加しました。これらのモディファイはオリジナルの Klon のトーンを誠実に保ちながら、さらなるトーンシェイピングのツールとしてご使用いただけます。 【 免責事項 】モディファイを施した後は 9Vバッテリー (006P) は使用できません。
JHS
translation missing: ja.products.product.regular_price ¥25,000
電源 9Vアダプター 付属品 なし 「The SuperBoltは、60年代のオールドのSupro/Valcoアンプに私が若干憑りつかれた結果のモデルです。数年前、私があるアーティストと一緒に仕事をしているときに、彼の機材の中心にSuperが一台あり、私はそのオールドでありながらどんな音楽にも完璧にフィットするオーバードライブ/ディストーションサウンドに恋に落ちてしまったのです。覚えているのは、サウンドチェックの際にそのアンプの音量を8にしてコードを掻き鳴らしたときに、私が聴いた中で最も大きなロック・サウンドに打ち負かされたのですが、それは8″スピーカーを搭載した1つのノブしか付いていないアンプだったのです。それから私はGretschやNational、AirlineやVegaのように、Suproや他のValcoのアンプを集め始め、国中を探してささやかなコレクションを作ったおかげで、ブランドや設計について全体を理解することが出来ました。私のThunderbolt(アンプの名称)はミシシッピの屋根裏で見つけたのですが、全体に修理が施されていて、Supremeについてはカンザスのガレージセールで確保し、このようにして私は2年間で約10台のアンプを集めました。私の目標は単純でした:このトーンとフィーリングをどのようなアンプでも再び作り上げることが出来るオーバードライブペダルを開発したかったのです。」 – Josh Scott / JHSオーナー我々がSuperboltを2012年に発表したとき、我々の歴史の中で最も認知されかつ賞賛されるペダルの1つになるとは夢にも思っていませんでした。V2では、全てを維持しながらより進歩した、単純に柔軟性や選択肢が広がったドライブペダルとなっています。どんなことが出来るか見て行きましょう。Supro社が1935年にスタートしてから1968年に幕を閉じるまで、他のどのようなアンプブランドも彼らのように魅力的でミステリアス、そして伝説的なストーリーを持ち合わせていませんでした。The Supro®アンプはロックンロールのトーンを確立しました。それはJimmy Pageの伝説的なLed ZeppelinのレコーディングやBrian Setzerの初期のStray Catsのトラックから、SwitchfootのDrew Shirleyの激しいバッキングサウンドで聴けるサウンドです。もしあなたがこれらのビンテージアンプの内1つでも演奏したことがあるのであれば、そのサウンドが唯一無二であるということがお分かりいただけるでしょう。音量をどれだけ上げても、常にスムースでありながら鋭いトーンが生み出され、75年以上にわたって数えきれないほどのレコーディングの歴史を築いているのです。JHSのSuperboltオーバードライブペダルは、その心臓部にディスクリート回路が搭載され、それは1960年代のSupro®アンプのトーンとキャラクターをシミュレートするように開発されています。高めのゲイン設定では整流管のカラーが落ち着くそのタッチの感度によって、Superboltはどのようなギター機材にも柔軟に対応しながら新しいトーンを作り出し、今までレコーディングされた中でも最も素晴らしいサウンドを思い起こさせます。3つのシンプルなコントロールノブは、VOLUME、TONE、DRIVEと名付けられ、GAINトグルスイッチを使用すればどのようなギター機材を使用していても、ビンテージのソウルとアティテュードをギターに吹き込むことが出来るでしょう。Superboltがどのように動作するか理解するために、まずDRIVEノブから始めましょう。DRIVEを上げていくと、小さな箱型のビンテージアンプのボリュームノブを上げていく感覚に似ています:すなわち、回した分だけ音が歪んでいきます。次に、VOLUMEノブは、マスターボリュームのように動作をします。ビンテージのSupro®アンプにはこのコントロールはどれにも付いてませんが、SuperboltのDRIVEノブで音量を上げた歪みを作り、VOLUMEノブで音量を下げて調節するのに完璧に動作します。V2にはより広い”スイートスポット”を持った改良されたテーパーが装備されているので、ベストな音量に調節出来ます。3つ目のノブはTONEコントロールですが、多くのこれらのビンテージアンプの設計に忠実になっています。我々のTONEコントロールは、その辺にあるような使えなくてトレブルに支配されたようなTONEコントロールに飽き飽きしている人達に新鮮な空気を吹き込むことでしょう。時計回り一杯に回し切ると、かみつくような鋭いトーンとなりますが究極に使い易く、耳に優しいものです;反時計回り一杯に回し切ると、暗いですがジャズやより繊細なスタイルにふさわしい、帯域がフォーカスされたトーンが得られます。GAINトグルスイッチは2つのゲイン設定を切り替えるものですが、それは50年代や60年代の多くのアンプで見られたような、High/Lowのインプットジャックのようなものです。スイッチ下側では、最もクリーンかつ、若干暗くよりメロウなトーンが得られます。上側では巨大なヘッドルームと、高・中域が多くより歪む、最もロックなサウンドとなります。GAINトグルスイッチが作動しているときはステータスLEDは赤色に変わります。またGAINトグルスイッチはペダルの右側面にある1/4″ジャックを使用すればリモートでスイッチ操作が可能になります。ペダルを通常の設定にして、Redリモートで切り替えれば、ペダルボード内で余分なスペースを使うことなく、瞬時に2つ目のトーンが得られるのです。Superboltは基本的に9Vのパワーサプライで駆動しますが、内部で9Vを18Vに昇圧し、巨大なパンチとヘッドルーム、そしてその全体的なキャラクターとしてのパワフルさを得ています。注意点として、Superboltに18Vパワーサプライを使用しないで下さい。このペダルについて、全体的なトーンはオープンかつ十分で、市場にある多くのオーバードライブのようなコンプレッション感はありません。このペダルのコンプレッション感はより美しくドライブし、どのような機材ともマッチします―我々はたくさん試しました。もしアンプをブーストさせてナチュラルなオーバードライブを得たい場合は、このSuperboltで得られるようなサウンドは聴いたことがないと思います。このペダルは、どんなアンプでも燃えるような歪みマシーンに変えてしまうのです。もし、どのようなスタイルにも対応するようなクラシックなツールが使用する機材に必要であれば、Superboltはまさにあなた向けです。我々はこのペダルが世界中に数多くあるオーバードライブの中でも本当にユニークなものであると信じています・・・是非、その違いについて今日試して見て下さい!電源は一般的な9V DC/100mAセンターマイナスアダプターでご使用いただけます。サイズ:56.0mm x 109.2mm x 38.1mmもしSuperboltをお気に召したのであれば、Ruby Red 2-in-1 Overdrive/Boost pedalも気に入って頂けると思います・・・製品名をクリックしてみて下さい!!VERSIONの歴史について:V1 = 3コントロール、Hi/Loトグルスイッチ、そして初期のスタンプされたいくつかは”3段のlightning bolt”、それ以外のほとんどは4段boltとなっています。V2 = Hi/LoトグルスイッチがGAINトグルスイッチに変更され、Redリモートシステムが追加されています。
The AT
セール価格
JHS
translation missing: ja.products.product.regular_price ¥31,900 ¥27,200 セール中
電源 9-18Vアダプター(電池使用不可) 付属品 なし 2013年、Andy TimmonsはテキサスのとあるギターショップでAngry Charlieを購入しました。程なくしてそれは彼のメインの歪みチャンネルとなったのです。2015年のウインターNAMM SHOWにて我々は彼とミーティングを行い、彼の個人的な嗜好やニーズに合うように微調整を行い、それによって彼の機材によりフィットさせることが出来たのです。このような歴史を持ってJHSペダルの”AT”(以前は”The @”として知られていました)は誕生したのです。それではペダルのコントロールや機能について見ていきましょう。The ATは4つのノブと3ポジションのトグルスイッチを装備しています。VOLUMEコントロールはエフェクト信号の全体の音量を調節します。EQコントロールはローパス・フィルターで、ペダルのトーンをすごく自然に暗くしたり、明るくすることが出来ます。DRIVEコントロールは、ゲイン/ディストーションの量をお好みに合わせて調節することが可能です。AIRコントロールは、もう1つのローパス・フィルターですが、“High Treble”の周波数帯にのみフォーカスしています。The ATがどのようなアンプとの組み合わせでも完璧に機能するように、対応のEQコントロールとしてファインチューンが可能であるということです。3-Wayのトグルスイッチは”ヘッドルーム”トグルと呼ばれるものです。スイッチを下側の位置にすると50Wモードとなります。真ん中の位置が100Wモードで、上側が25Wモードです。これらはチューブアンプの異なる出力を再現したものですので、本当のチューブアンプのように、100Wが一番音量が大きく、50Wが中間で、25Wが一番音量が小さくなりますがよりドライブが得られます。真ん中の100Wモードは、クリーンで、ラウドかつフルパワーのサウンドとなります。このモードでは、DRIVEノブを半分以下にしても、オリジナルのAngry Charlieでは得られなかった、シングルコイルピックアップに火を付けて巨大なローエンドとパワフルなパンチのある素晴らしいオーバードライブのトーンを得ることが出来ます。スイッチ下側の50Wモードでは、どこの帯域でも素晴らしいクランチ/ディストーションサウンドが得られます。またこのモードは、JCM800のクラシックなブリティッシュ・ゲインステージが欲しいプレイヤーにぴったりです。上側の25Wモードでは、どのように設定してもディストーションの領域となり、豊かな倍音と強調された中域、そしてより鋭いサウンドとなります。ゲインがお好きであれば、このモードをお勧めします。これは究極の柔軟性を持ったペダルで、ゲイン領域のかなり広い部分をカバーしています。もし1台のペダルで、歪ませた本物のブリティッシュチューブアンプと4×12キャビを組み合わせたサウンドが必要なら、Andy Timmons シグネイチャーペダルがここにあります。それこそが、”AT”です。”The AT”は18Vでも9Vでも安全に駆動します。
The Kilt
セール価格
JHS
translation missing: ja.products.product.regular_price ¥39,800 ¥35,000 セール中
電源 9Vアダプター(電池使用不可) 付属品 なし 伝説的なギタリストであり音楽家、プロデューサーなど多彩な活躍をし、イギリスのバンド Delirious の初期メンバーである彼と仕事ができるチャンスをそうそう見逃すわけにはいきません。StuG からツアーやスタジオワークなどの様々な場面で使用できるドライブペダルが欲しいというリクエストをもらい、誕生したのがこの Kilt です。Kilt は、小ぶりな筐体にギタリストが求めるパワー、レンジ、トーンやオプションなどがギッシリ詰め込まれた2-in-1のドライブ/ブーストペダルです。ペダル左側のセクションは伝説的なファズペダル Expandora に強くインスパイアされていますが、さらに大きくアップデートが施され、クラシックなエフェクトから全く新しいトーンとユーザビリティを付け加えた新しい仕様となっています。まさに “全部乗せ” のペダルと言っても過言ではありません。チューブライクなトランスペアレントトーンから、ブルージーなオーバードライブ、太くナチュラルなディストーション、さらにはファズサウンドまで、たった1台で全てをカバーすることができます。Kilt は、ドライブセクションとブーストセクションが独立しており、左側のドライブセクション側では、超ローノイズでスムースなストラクチャーとオリジナル Expandora を超えるとも感じさせるキャラクターを持つ、厳選されたオペアンプが採用されています。また、ドライブセクション側の3つのミニトグルスイッチでさらに多彩なサウンド設定が可能になっています。Cutトグルスイッチは、ローエンドのカット/ブーストをコントロールします。ダウンポジションが基本セッティングとなりますが、オリジナルの Expandora では大きく欠けていたベースブーストを、強力で使い勝手の良いセッティングとしています。アップポジションはオリジナルの Expandora に近い鋭いトーンを作り出せます。G1、G2 のトグルスイッチは、サーキット内のクリッピング・セクションの入出力を抵抗値によって切り替えることで様々なバリエーションのディストーションをセレクトできます。この方式は、通常のドライブ・ペダルなどのダイオード・クリッピング・セレクターと大きく異なります。これによって様々なサウンドとトーン・オプションが得られ、ライトなトランスペアレント・ドライブから壁のように分厚いディストーションまでの幅広いサウンドが得られます。左側のドライブセクションのコントロールは、左から Volume、Tone、Gain で、スタンダードなコントロールでありながら、多機能で感覚的に扱えるペダルです。右側のブーストセクションは JFET を採用したブースト回路で、チューブライクな微かなざらつき感がプレゼンスでリードサウンドをブーストしたり、左側のドライブセクションのフロントエンドをプッシュしたりと、さらなるディストーション・サウンドを可能にしています。Boost ノブはブーストのボリュームレベルをコントロールし、ミニオーダートグルスイッチではブーストセクションとドライブセクションの接続順を切り替えます。ダウンポジションではプリブースト、アップポジションではポストブーストとなります。電源は一般的な9V DCでスイッチはトゥルー・バイパス仕様、カスタムポリッシュのアルミニウム・エンクロージャーを採用しています。
JHS
translation missing: ja.products.product.regular_price ¥25,000
電源 9Vアダプター(電池使用不可) 付属品 なし 1963年にSilvertone*は60Wモデルの1484ギターアンプを発表しました。元々はスチューデントモデルのアンプでしたが、1484は時が経つにつれて伝説となり、また見つけることが困難になって、音楽界の何人かのビッグネームからも賞賛を受けました。そのSearsカタログでのデビューから1967年の廃盤までのわずか4年の間に、1484″Twin Twelve”アンプはゴッホの作品のように、廃盤になって何年も経ってから、素晴らしい評価と価値を見出されました。BeckやDeath Cab for Cutie、The White StripesのJack Whiteや、最近ではVampire WeekendやColdplayがこの希少なアンプをポピュラーミュージックの最前線に引っ張り出してきたのです。JHSペダルの”Twin Twelve”のDRIVEチャンネルは、Silvertoneの1484″Twin Twelve”アンプでしか得られないクラシックなプリアンプ/オーバードライブのトーンを、完全アナログのペダルエフェクターで再現した世界で最初の商品です。JHSペダル Twin Twelveの心臓部には、アンプに組み込まれているオリジナルの真空管の代わりにディスクリート・トランジスタが装備されています。ペダルのそれぞれのトランジスタ段は、オリジナルのアンプのリアルな真空管サウンドを再現できる完全な電圧となるように、細心の注意を払って手作業で調整が行われています。またオリジナルの真空管で設計されている重量と出力が得られるように、9V DCマイナスの電源を内部でパワフルな18Vに昇圧できるように回路が設計されています。これによって、よりパンチやダイナミックレンジ、そして今まででのエフェクトペダルの中でベストの1つとなる、アンプのようなフィーリングを全体のサウンドに得ることが出来ています。JHSペダル Twin Twelveには5つのコントロールがあります:VOLUME、DRIVE、BASS、TREBLEそしてCLEANです。オリジナルのアンプにはVOLUMEとBASS、そしてTREBLEしかありませんでした。ここで、Twin Twelveペダルに追加されたDRIVEコントロールについて説明しましょう。ペダルのVOLUMEコントロールは、オリジナルアンプにはなかったマスターVOLUMEとして機能します。意図的に、ペダルのVOLUMEコントロールを最大まで回した場合、ペダルはマスターVOLUMEのないアンプのようになります。Twin Twelve V2は、VOLUMEを調節する際に、V1より洗練されたスイープと改良された”スイートスポット”を持っています。ペダルのDRIVEコントロールは、基本的にアンプのVOLUMEコントロールと同様に機能します。ペダルのDRIVEを上げるにつれて、アンプのVOLUMEコントロールを上げたようなオーバードライブと真空管のようなサチュレーションが得られます。このペダルとオリジナルのアンプの最大の違いは、ペダルのDRIVEコントロールを上げて歪ませ、同時にペダルのVOLUMEコントロールで全体の音量を下げることが出来るという点です。1484アンプはこのような機能が付いていなかったので、狭い演奏場所や小さいライブハウス、またはベッドルームでの演奏といった状況の中で、アンプをブーストさせて得られるベストなサウンドを得ることが困難でした。BASSとTREBLEのコントロールは、1484のBaxandall型トーン回路のほぼ完全な再現で、若干のマイナーチェンジによってよりギター用エフェクトとして扱いやすいように調整を加えています。もし本物の1484アンプを演奏したことがある方でしたら、アンプのBASSコントロールをブーストさせていたかと思います。理由は、スイープの40%がほとんど効いておらず、トーンの変化が聴こえないからです。JHSのペダルにおいては、BASSコントロールのポットの数値を調整したことでより変化を聴き取れるようになり、また使い易いコントロールレンジとなっています。ペダルのBASSとTREBLEコントロールを12時の位置に設定すると、もっとも典型的な1484アンプのトーンが得られ、さらに広げたり微調整したりする余裕が十分残されているのです。またBASSとTREBLEのコントロールはアクティブですので、周波数のカットとブーストが可能です。バージョン2に新しく加わったのがCLEAN/DIRTトグルスイッチです。このスイッチによって、Twin Twelveはクリーンなプリアンプのブーストからクラシックで吠えるようなミディアム・ヘビーのオーバードライブまでカバーすることができます。新しいCLEANモードは、回路からDRIVEコントロールを切り離し、ステータスLEDが青く点灯します。このモードでは、巨大なヘッドルームを伴ったよりクリアなアンプのトーンが得られます。CLEANモードでは、完全ディスクリートのブーストやアンプシミュレーターのように、または常時ONのプリアンプのように、ギターのトーンが太くなります。スイッチが上側にあるときは、クラシックなTwin Twelveオーバードライブモードとなり、LEDは赤く点灯します。CLEAN/DIRTトグルスイッチは、ペダルの右側面にある1/4″ジャックを使用すればリモートでのスイッチングが可能となります。通常のTwin Twelveのトーンを設定しておけば、ペダルボードのスペースに余裕がないときでもRedリモートを使って瞬時に2つめのトーンを呼び出すことが出来ます。Twin Twelve V2は、常時ONにしておくクリーンプリアンプとしても使用することができ、現在使用する機材のエンハンサーとして、パワフルなソロブースターとしても使用することが可能です。アンプライクなヘビーなオーバードライブとしても、トレブルブースターとしても、エッジの立ったファズ・オーバードライブとしても優れています。JHSはこのペダルが今までで最も素晴らしいペダルの1つだと確信していますし、あなたにもまたそのように感じて頂けると思っています。デロリアンに飛び乗って時間を遡ることなく、クラシックなSilvertone 1484のトーンを楽しんでください。* Silvertoneという単語/名称は登録商標です。JHSペダルのTwin TwelveはSilvertoneとは一切関係がありません。JHSペダルはTwin Twelveという単語/名称を商標として米国特許庁に出願中です。電源は一般的な9V DC/100mAセンターマイナスアダプターでご使用いただけます。サイズ:56.0mm x 109.2mm x 38.1mmVERSIONの歴史について:V1 = 4つのコントロールと白いLEDを装備しています。V2 =...
Unicorn
セール価格
JHS
translation missing: ja.products.product.regular_price ¥37,578 ¥30,400 セール中
電源 9Vアダプター(電池使用不可) 付属品 なし 1960年代、現在に至るまでの間に誕生した “最も影響力がある” と言われる多くの楽曲に使用された新しいエフェクトがリリースされました。クラシックな楽曲では Pink Floyd の “Breathe”、Jimi Hendrix の “Machine Gun” や1969年のウッドストックで演奏された “星条旗よ永遠なれ”、Robin Trowers の “Bridge of Sighs”、そして現代でも Pearl Jam の “Alive” など、全ての楽曲で紛れもなくこのエフェクトが使用されています。最初は Shin-ei と Univox のブランドネームでリリースされた Uni-Vibe というこのエフェクトは、音楽史において最も有名なギタートーンのいくつかを生み出し、今日においても多くのモジュレーション、フェイズ、ロータリーサウンド等多くのエフェクトに影響を与えて続けています。スタンダードなギターエフェクトとは異なるオリジナリティ溢れる豊かなトーンは、伝説として語り継がれています。 Unicorn では、他の全ての Uni-Vibe のサーキットにはない LFO のレートによるタップテンポ・コントロール機能を初めて追加し、さらに LFO...
さらに検索
ランキング入り
  • 皆様に選ばれているエフェクターです。毎月更新
    詳しくはこちら
    ※過去のランカーも表示中