JHS

Steak & Eggs

  • Sale中!
  • 定価 ¥0

DIGBOXに追加


JHS Pedals / Keeley Electronics / Steak & Eggs ジェイエイチエスペダルス/キーリーエレクトロニクス / ステーキアンドエッグス JHS Pedalsと、ギターペダルレジェンド、Keeley Electronicsが提携し、それぞれの人気エフェクトを組み合わせた2 in 1ペダルを制作しました。 Steak & Eggsは、オーバードライブとコンプレッサーの“完璧な”ペアです。一度ONにすると、いつまでもそのまま弾き続けていたくなるようなペダルです。 JHS Pedalsのトランスペアレントオーバードライブ、Morning GloryとKeeley Electronicsの人気ペダル、Keeley Compressor。それらをモディファイし、組み合わせました。 ペダルの左サイドはJHS Pedals Morning Gloryの回路に新たなゲインセッティングを追加したオーバードライブです。長年、ギタリストから要望の多かったMorning Gloryのハイゲインバージョンです。もちろんハイゲインに対応してもオリジナルMorning Gloryのキャラクターは変わっておらず、よりパワーのあるトーンを作ることができます。Steak & Eggsのために制作した回路です。この新しいMorning Gloryは、これまでのMorning Gloryにパワーとパンチを与え、そしてスイッチで歪みの強さを選択できるようになりました。この回路は、トランスペアレントオーバードライブの1つの完成形ではないかと考えています。 Gainスイッチは、Driveコントロールのセッティングによって全く違った動きをします。Driveコントロールが80%未満の時、Gainスイッチはヘッドルームとパンチを付加することができ、Driveコントロールが最大の時には歪み、飽和感とゲインを付加することができ、歴代Morning Gloryの中で最もハイゲインなオーバードライブを作ります。 さらに、スタンダードバージョンのMorning Gloryに搭載されるBright Cutスイッチは、内部Dipスイッチとして継承されています。 ペダルの右サイドは、Keeley Electronics Compressorの新しい3ノブバージョンです。 新たにBlendコントロールを搭載し、クリーンシグナルをミックスできるようになりました。コンプレッションをかけると音が少し鈍ってしまうことのあるハムバッカーなど高出力ピックアップやベースでのプレイに効果的で、特に音色のブライトネスを保つには最適です。全く新しいMid/Trebleを強調する回路も組み込み、新しいBrightスイッチも搭載しました。トグルスイッチを切替えることでシグナルのトップエンドをファインチューンし、“Jangly”トーンを作るパーフェクトな周波数レンジを実現します。 また、高速リリースタイムにより暖かで長いサステインのスタンダードなKeeley Compressorサウンドも継承しながら、音色はより明瞭になりました。そして、よりチューブライクなコンプレッションを求めるプレイヤーのために、内部にDIPスイッチを搭載。クラシックKeeley Compressorサウンドを作ることもできます。チキンピックにも最適なコンプレッサーです。 Sustainコントロールは“魔法の”コントロールです。コンプレッサーである以上、必ずノイズが出ることがありますが、KeeleyのヴィンテージOTAコンプレッサー同様、プレイのパフォーマンスには影響しない、Keeleyならではのチューニングが施されています。 また、ペダルの中央にあるトグルスイッチで、コンプレッサーとオーバードライブの接続順を入れ替えることができます。トグルスイッチが右ポジションのとき、コンプレッサーが前段になります。トグルスイッチが左ポジションではオーバードライブが先に接続されます。つまり、全く新しいKeeley Compressorと全く新しいJHS Pedals Morning Gloryを独立して使えるだけでなく、2つのエフェクトを組み合わせた場合でも独立したペダル同様に好きな接続順で音を作ることができるというわけです。 Steak & Eggsの実現には、Cusack Musicのジョン・キューザック氏によるPCBのポピュレーティングが不可欠でした。Keeley Electronics、JHS Pedalsの開発設計のプロセスが効率的に進んだのはCusack Musicの助けによるものです。 Keeley Compressor、およびJHS Pedals Morning Gloryのモディファイは、それぞれの代表であるロバート・キーリーとジョッシュ・スコットが直接行いました。PCBのポピュレーティングはCusack Musicが行い、ペダルの制作は全てJHS Pedalsで行っています。 100% made-in-USA.


最近見た商品