Roger

¥19,800 19,800

月額プランに申込んでRogerを借り放題!
まずはこちらからプランにお申込みください。

DIGBOXに追加

ログイン してDIGBOXを保存してください。

電源 9Vセンターマイナスアダプター or 9V電池
付属品 なし

※心臓部のオーディオパワーアンプICが15V以上の電圧入力で破壊されるため、必ず下記の入力電圧範囲で駆動してください。一般的な9Vでの使用を推奨します。

Operation Voltage : 7~12V , Current Consumption : Approx 6.8mA

説明

Leqtique,,,, それはShun Nokina Design etc での経験を元にShun Nokina 氏が"Reality" を追い求め、スタートしたブランドです。
SND 同様のエリートコンポーネンツや、徹底的なハンドメイド構造などが特徴であり、“コストパフォーマンス” を遥かに超えた異世界を提示します。

製作にはアルミ削りだしケースにPRP Resistor,OS-Con,Wonder "Signature"Solder などのトップグレードなモダンコンポーネンツはもちろん、Allen Bradley Resistor ,Vintage MKT Capasitor などのいわゆる"Antique" な空気を持ったコンポーネンツを使用しています。

Leqtiqueブランドでは、今まで何種類ものOverdriveもしくはDistortionとカテゴライズされるエフェクターをリリースしてきましたが、ラインナップの中で、中庸的な存在であるOD/DS( オーバードライブ/ ディストーション)と呼べるものは、Leqtique Redemptionistのみでした。“Roger”は、OD/DSに対する別の解釈=“ 本来ギターアンプの歪みチャンネルの持つサウンド”を目指し設計されました。まるで足元に小さなブティックアンプを置いているような、またそれが3Knobという慣れ親しんだエフェクターライクな操作性を持つように注意しながら、電気的にも全く新しいアイデアの回路構成になっています。

そのアイデアとして、まずエフェクターデザインの世界において何度か活用されたことのある、“オーディオパワーアンプIC”(以下Power IC)に目をつけました。Power ICは一般的にエフェクターの心臓部であるオペアンプの増幅と異なり、小型音響機器にてスピーカーを直接駆動するため等に利用されます。これをギターアンプのパワーアンプセクション、その前段に配置したFETやトランジスタをプリアンプセクションと見立てて、前段からの大きな入力によって後段で歪ませる今までの手法はエフェクターデザインにて採用された回数は非常に少ないものの、特にギターのボリュームに対してのナチュラルかつリニアな反応性は他のデザインとは一線を画すレベルのものでした。しかしながら、前段のトランジスタやFETで歪み成分のサウンドの多くが形成されてしまうことから、今までのデザインでは、“Power ICに過大入力を入れて歪ませた本来のサウンド”とは異なっていたのも事実です。故に“Roger”では、今までモノラルタイプのPower ICしか使用されてこなかったエフェクターデザインに対して、ステレオタイプのPower IC “NJM2073” を初めて採用しそれをステレオとして解釈するのではなく、直列に配置し前段、後段ともPower ICのみで構築した純粋なPower IC 2段構造を実現しました。その本来の歪みサウンドを邪魔しないように他の追加部品は最小量に抑えながら、1台でオールラウンドに使える幅広い可変範囲を持つ3つのコントロールを設定しました。Volumeは、Power ICをベースにしていることより必要であれば入力電源に応じ非常に大きい最大音量が得られます。Toneは上述にもあるように一番シンプルなパッシブフィルターを入れてあり、どのポジションでも“Roger”本来のPower ICベースの歪みをお好みの音の丸さ/鋭さにて楽しむことが可能です。Gainは0にしても少し歪むのはまさにギターアンプの歪みチャンネルそのものをイメージしており、最大にするまでに相当量のゲインを稼ぐことができます。どのポイントにしても、真空管にてサウンドさせているような、艶のある倍音、官能的なサステイン、ピッキングに応じたナチュラルなコンプレッションなどの特性をプレイヤーに感じさせます。ギターのボリュームを利用しどのゲインポイントでもクリーンサウンドを出すことができるので、これ一台を歪みとして曲中でギターのボリュームを細かく調整するような使用法も特にオススメです。

 

Roger