XOTICのエフェクター(ギター・ベース)は【PEDALDIG】へ~音作りにおける注意点~

xoticのエフェクターをお求めの方は【PEDALDIG】へ~ギター・ベースのエフェクターを多数ご用意~

xoticのエフェクターをお求めの方は【PEDALDIG】へ~ギター・ベースのエフェクターを多数ご用意~

xoticエフェクターをお探しの方なら、ぜひ【PEDALDIG】のレンタルサービスをご利用ください。

【PEDALDIG】では、xoticをはじめとする各種メーカーのエフェクターを豊富にご用意しております。ギター用、ベース用のエフェクターをご用意しておりますので、エフェクターをお探しの方はぜひご利用ください。

xoticのエフェクターは【PEDALDIG】へ~質の高いエフェクターを安く調達するなら~

xoticのエフェクターは【PEDALDIG】へ~質の高いエフェクターを安く調達するなら~

xoticのエフェクターをお求めの方は、ぜひ【PEDALDIG】へお申しつけください。【PEDALDIG】のレンタルは複数のエフェクターをお得な月払いで取り寄せることが可能です。

レンタルはいつでもキャンセル可能であるため、購入前にじっくりとエフェクターを試したいという方におすすめです。利用方法に関する疑問等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

音作りを行う際の注意点とは?

ギターの音作りはギタリストの永遠の課題といえるものです。以下にて、音作りを行う際の注意点をご紹介いたします。

自分好みの音=良い音ではない

自分好みの音は弾いてて気持ちが良いものですが、バンドアンサンブルの観点から見ると、必ずしも良い音とは限りません。というのも、ギターの音域が他の楽器と被ってしまうと、お互いの音を打ち消し合って抜けが悪い音になるからです。例えば、低音にブーストをかけた迫力ある音を出していると、低音部を支えるベースと被ってしまい、バンド全体の音抜けが悪くなります。

高いエフェクター=良いエフェクターではない

高いエフェクターが高品質なのは事実ですが、安価なエフェクターで十分に事足りることもあります。音作りは楽曲の演奏と同様、ギタリストの腕が如実に現れるため、ギタリストの技量で値段の壁を取り払うこともできるのです。

音作りにおいては高いエフェクターばかりに目を向けるのではなく、自分が出したい音に目を向け自分の技術を高めることに注力した方が建設的です。自分が出したい音を追求すれば、おのずと音作りのレベルが上がり、納得できる音に近づけます。

お役立ちコラム

xoticのエフェクターのことなら【PEDALDIG】

販売業者名 アイグローバル株式会社
所在地 〒260-0013 千葉県千葉市中央区中央3-13-7 コスモ千葉中央ビル409
法人連絡先 0800-800-3515
Webサイト名 https://pedaldig.com